○龍ケ崎市農業公園豊作村の設置及び管理に関する条例

平成17年6月21日

条例第21号

龍ケ崎市農業公園豊作村の設置及び管理に関する条例(平成10年龍ケ崎市条例第22号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この条例は,地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第1項の規定に基づき,龍ケ崎市農業公園豊作村(以下「豊作村」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(名称及び位置)

第2条 豊作村の名称及び位置は,次のとおりとする。

(1) 名称 龍ケ崎市農業公園豊作村

(2) 位置 龍ケ崎市板橋町440番地

(施設)

第3条 豊作村の施設(以下「施設」という。)は,次に掲げるとおりとする。

(1) レンタルファーム

(2) 総合交流ターミナル

 会議室

 実習室

 展示・催事室

(3) 湯ったり館

 温浴施設

 宿泊施設

 多目的広間

(4) 運動広場

(指定管理者による管理)

第4条 市長は,第1条の目的を達成するため,法第244条の2第3項の規定に基づき,豊作村の管理を法人その他の団体であって,指定するもの(以下「指定管理者」という。)にこれを行わせるものとする。

(施設の開館時間及び休館日等)

第5条 施設の開館時間及び休館日等は,別表第1のとおりとする。ただし,指定管理者は,必要があると認めるときは,市長の承認を得て,開館時間及び休館日等を変更することができる。

(使用の許可)

第6条 施設を使用しようとする者(以下「申請者」という。)は,指定管理者に申請し,使用の許可(以下「使用許可」という。)を受けなければならない。

2 指定管理者は,使用許可をするときに,申請者に対し,管理上必要な条件を付すことができる。

(使用許可の制限)

第7条 指定管理者は,施設の管理運営上次の各号の一に該当するときは,施設の使用を許可しないことができる。

(1) 公の秩序を乱し,又は善良な風俗を害するおそれがあると認めるとき。

(2) 営利を目的として施設を使用するおそれがあるとき。

(3) その他施設の管理運営上特に支障があると認めるとき。

(権利譲渡等の禁止)

第8条 第6条第1項に規定する施設の使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)は,許可を受けた目的以外に施設を使用し,又は使用する権利を譲渡し,若しくは転貸してはならない。

(使用許可の取消し等)

第9条 指定管理者は,使用者が次の各号の一に該当するときは,使用許可を取り消し,又は使用を中止させ,若しくは変更させることができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 使用許可の条件に違反したとき。

(3) その他施設の管理上支障があると認めたとき。

2 指定管理者は,前項の場合において使用者に損害が生じても,その賠償の責めを負わないものとする。

(使用料)

第10条 申請者は,使用許可を受ける際に,別表第2に定める使用料を納付しなければならない。ただし,第3条第3号イ及びに規定する施設の使用料については,使用後に納付することができる。

2 レンタルファームを年度の中途から使用する場合の使用料は,使用日の属する月からの月割により算出する。

(使用料の免除)

第11条 市長は,前条の規定にかかわらず,相当の理由があると認めるときは,使用料を免除することができる。

(使用料の不還付)

第12条 既に納付された使用料は,還付しない。ただし,使用者が次の各号の一に該当するときは,その全部又は一部を還付することができる。

(1) 使用者の責めによらない事由により使用できなくなったとき。

(2) 使用者がその使用日の前日までに使用の取消しを申し出た場合で,市長が相当の理由があると認めたとき。

(3) その他相当の理由があると認められたとき。

(原状回復義務)

第13条 使用者は,豊作村の施設の使用の目的を終了したとき,又は第9条第1項の規定による使用許可の取消し若しくは使用の中止若しくは使用の変更の処分を受けたときは,直ちに原状に回復しなければならない。ただし,指定管理者の承認を得たときは,この限りでない。

(損害賠償)

第14条 使用者等は,豊作村の施設等を損壊し,又は滅失したときは,これによって生じた損害を市に賠償しなければならない。ただし,市長が相当の理由があると認めるときは,この限りでない。

(指定管理者が行う業務の範囲等)

第15条 指定管理者が行う業務は,次に掲げるとおりとする。

(1) 施設の使用許可及び取消しに関すること。

(2) 施設等の維持管理に関すること。

(3) その他市長が必要と認める業務

(指定管理者の管理の期間)

第16条 指定管理者が豊作村の管理を行う期間は,指定を受けた日の属する年度の翌年度の4月1日から起算して5年間とする。ただし,再指定を妨げない。

2 市長は,前項の規定にかかわらず,相当の理由があると認める場合は,5年の範囲内で期間を定めることができる。

(委任)

第17条 この条例に定めるもののほか,この条例の施行に関し必要な事項は,規則で定める。

付 則

(施行期日)

1 この条例は,平成18年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 第4条の規定による指定管理者の指定を受けようとする団体の公募その他の指定に関して必要な行為は,施行日前においても,第15条及び第16条の規定の例により行うことができる。

3 この条例の施行の際,現に改正前の龍ケ崎市農業公園豊作村の設置及び管理に関する条例の規定によりなされた処分,手続その他の行為は,この条例の相当規定によりなされた処分,手続その他の行為とみなす。

付 則(平成19年3月26日条例第10号)

この条例は,平成19年4月1日から施行する。

付 則(平成20年3月25日条例第18号)

この条例は,平成20年4月1日から施行する。

付 則(平成26年3月28日条例第29号抄)

(施行期日)

1 この条例は,平成26年4月1日から施行する。

(龍ケ崎市農業公園豊作村の設置及び管理に関する条例の一部改正に伴う経過措置)

13 第10条の規定による改正後の龍ケ崎市農業公園豊作村の設置及び管理に関する条例別表第2の規定は,施行日以後の使用に係る使用料について適用し,施行日前の使用に係る使用料については,なお従前の例による。

14 湯ったり館の宿泊施設及び多目的広間に施行日の前日から施行日まで宿泊する場合の使用料については,前項の規定にかかわらず,なお従前の例による。

付 則(平成29年3月29日条例第6号)

この条例は,平成29年4月1日から施行する。

付 則(令和元年7月3日条例第2号抄)

(施行期日)

1 この条例は,令和元年10月1日から施行する。ただし,第1条から第5条,第8条,第9条,第11条及び第12条の規定は,公布の日から施行する。

(龍ケ崎市農業公園豊作村の設置及び管理に関する条例の一部改正に伴う経過措置)

14 第11条の規定による改正後の龍ケ崎市農業公園豊作村の設置及び管理に関する条例別表第2の規定は,適用日以後の使用に係る使用料について適用し,適用日前の使用に係る使用料については,なお従前の例による。

15 湯ったり館の宿泊施設及び多目的広間に適用日の前日から適用日まで宿泊する場合の使用料については,前項の規定にかかわらず,なお従前の例による。

別表第1(第5条関係)

施設名

開館時間等(使用時間)

休館日(休場日)

レンタルファーム

日出から日没まで

────────

総合交流ターミナル

午前9時から午後9時まで

毎週月曜日(月曜日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「休日」という。)に当たるときは,その日以後の直近の休日でない日)及び12月29日から翌年1月3日まで

湯ったり館

土曜日,日曜日及び休日の場合

午前9時30分から午後10時まで

上記以外の日の場合

午前10時から午後10時まで

(宿泊施設及び多目的広間の宿泊の使用時間は,午後3時から翌日の午前10時まで)

毎月第2,第4水曜日(その日が休日に当たるときは,その日以後の直近の休日でない日)

運動広場

日出から日没まで

(1団体の使用時間は,原則として4時間まで)

12月1日から翌年の4月30日まで

備考

1 レンタルファームを使用することができる期間は,4月1日から翌年の3月31日までとする。ただし,使用期間の中途から使用する場合は,使用を許可された日から当該年度の3月31日までとする。

2 レンタルファームの使用は,原則として1世帯1区画とし,営利を目的としない農作物の栽培を行おうとする者をその対象者とする。

別表第2(第10条関係)

豊作村に係る使用料

(1) レンタルファーム 年間 1m2当たり250円

(2) 総合交流ターミナル

使用区分

1時間当たりの使用料

会議室

620円

展示・実習室

1,040円

(3) 湯ったり館

使用区分

単位

使用料

入館

1人1回につき

一般

1回 520円

回数券(11枚) 5,200円

小学生,中学生及び障がい者

1回 310円

回数券(11枚) 3,100円

幼児 無料

宿泊施設

1人1泊につき

一般 4,710円

小学生及び中学生 2,620円

幼児

寝具を利用する場合 2,300円

寝具を利用しない場合 無料

1室1時間につき(和室)

1,040円

多目的広間

1人1泊につき

一般 2,620円

小学生及び中学生 1,570円

幼児

寝具を利用する場合 1,250円

寝具を利用しない場合 無料

1室1時間につき

1,040円

備考

1 宿泊料には,入館料を含む。

2 幼児とは,小学校未就学児をいう。

3 障がい者とは,身体障害者手帳,療育手帳及び精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者をいう。

(4) 運動広場 1時間当たり1,040円。ただし,宿泊施設及び多目的広間に宿泊する者が当該宿泊に併せて使用する場合は,無料とする。

龍ケ崎市農業公園豊作村の設置及び管理に関する条例

平成17年6月21日 条例第21号

(令和元年7月3日施行)

体系情報
第11類 産業経済/第2章 林/第2節
沿革情報
平成17年6月21日 条例第21号
平成19年3月26日 条例第10号
平成20年3月25日 条例第18号
平成26年3月28日 条例第29号
平成29年3月29日 条例第6号
令和元年7月3日 条例第2号