○龍ケ崎市青少年センター設置及び運営に関する規則

平成21年3月27日

規則第19号

(設置及び目的)

第1条 青少年の健全な育成を図り,あわせて非行化防止について,関係機関及び団体と緊密な連携を保ち,効果的に活動を推進するため青少年センターを設置する。

(名称等)

第2条 青少年センターの名称は,龍ケ崎市青少年センター(以下「センター」という。)とし,龍ケ崎市教育委員会事務局文化・生涯学習課内に置く。

(職員)

第3条 センターに所長その他必要な職員を置く。

(業務)

第4条 センターは,第1条の目的を達成するため次の業務を行う。

(1) 青少年の指導及び育成

(2) 青少年の相談

(3) その他青少年の非行防止に必要な事業

(青少年相談員)

第5条 センターに青少年相談員(以下「相談員」という。)を置く。

2 相談員は,次に掲げる者のうちから,市長が委嘱する。

(1) 保護司

(2) 民生委員児童委員

(3) 学識経験者

(4) 学校教育関係者

(5) その他関係機関の役職員

3 相談員の委嘱期間は,2年とし,再任を妨げない。ただし,欠員が生じた場合における補欠相談員の委嘱期間は,前任者の残任期間とする。

4 特定の職により委嘱された相談員は,委嘱期間満了前において当該職を失ったときは,相談員の委嘱を解かれるものとする。

5 相談員は,龍ケ崎市内において,指導の必要があると認められる概ね20歳未満の青少年を対象に,次に掲げる業務を行う。

(1) 街頭指導

(2) 継続指導

(3) 相談指導

(4) その他必要な事項

6 相談員は,業務上知り得た秘密を漏らしてはならない。

7 相談員は,街頭指導に従事する際は,身分証明書(様式第1号)を携帯し,関係者から要求された場合には,これを提示しなければならない。

8 相談員は,指導の都度,街頭指導カード(様式第2号)に必要な事項を記入し,センターに報告するものとする。

9 相談員及びセンター関係者をもって,次の事項について協議するものとする。

(1) 指導事務の連絡調査

(2) 相談及び指導関係書類の送別

(3) 地域指導対策

(4) 広報活動に関する事項

(5) その他必要と認めた事項

(指導措置の基準)

第6条 相談員は,指導を行う場合には,次の事項に留意しなければならない。

(1) 非行の真相を把握し,原因を探究するとともに,常に青少年の将来を考慮し,青少年の福祉上最良の道を選ばせるように努めること。

(2) 本人及び関係者の秘密保持に努め,指導の限度を超えることなく,かつ,指導態度に留意すること。

(3) 調査に当たっては,常に警察,学校その他関係機関との連絡を密にし,緊急措置を要する案件については,当該関係機関に通告すること。

(指導記録の作成)

第7条 相談員は,業務に従事したときは,次に掲げる指導記録を作成しなければならない。

(1) 街頭指導カード

(2) 街頭指導日誌(様式第3号)

(3) 継続指導簿(様式第4号)

(4) 青少年相談簿(様式第5号)

(補則)

第8条 この規則に定めるほか,必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この規則は,平成21年4月1日から施行する。

付 則(平成23年4月14日規則第45号)

この規則は,平成23年5月1日から施行する。

付 則(平成26年3月28日規則第10号)

この規則は,平成26年4月1日から施行する。

付 則(平成30年2月28日規則第2号)

この規則は,平成30年4月1日から施行する。

付 則(令和2年3月25日規則第16号)

この規則は,令和2年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像画像

画像画像

龍ケ崎市青少年センター設置及び運営に関する規則

平成21年3月27日 規則第19号

(令和2年4月1日施行)