○龍ケ崎市歩きたばこ・ポイ捨て等禁止条例施行規則

平成23年1月12日

規則第1号

(定義)

第2条 この規則における用語の意義は,条例の例による。

(回収容器)

第3条 条例第11条に規定する回収容器は,次に掲げる要件を備えていなければならない。

(1) 材質は,金属,プラスチックその他のもので容易に破損しないものであること。

(2) 形状等は,安定性があり,かつ,収納していた缶,瓶,ペットボトルその他の容器を容易に投入できるものであること。

(3) 販売する商品に応じ,おおむね缶,瓶,ペットボトル,燃やすごみなどに区分して投入できるものであって,かつ,その旨の表示があること。

2 回収容器は,自動販売機の設置場所から5メートル以内で,空き缶等又は吸い殻等を回収するために適当な場所に設置しなければならない。ただし,市長が適当と認める場合は,この限りでない。

(喫煙禁止区域の指定等の告示)

第4条 条例第12条第3項の規定による告示は,次に掲げる事項とする。

(1) 喫煙禁止区域の名称

(2) 喫煙禁止区域の指定,変更又は解除をした範囲

(3) 喫煙禁止区域の指定,変更又は解除をした期間及び時間

(勧告)

第5条 条例第13条の規定による勧告は,勧告書(様式第1号)により行うものとする。

(命令)

第6条 条例第14条の規定による命令は,命令書(様式第2号)により行うものとする。

(公表)

第7条 市長は,条例第15条の規定により公表を行おうとするときは,あらかじめ公表通知書(様式第3号)を関係人に送付しなければならない。

2 関係人は,前項の公表通知書の送付を受け意見を有するときは,当該通知書の到達の日から14日以内に意見を記載した書面を市長に提出することができる。

3 条例第15条の規定による公表は,次に掲げる事項を市の掲示場に掲示するとともに,市広報紙又は市の公式ホームページに掲載することにより行うものとする。

(1) 関係人の住所及び氏名(法人にあっては,主たる事務所の所在地,名称及び代表者の氏名)

(2) 勧告の対象となった位置

(3) 勧告の内容

(4) 関係人の意見

(5) その他市長が必要と認める事項

(罰則)

第8条 市長は,条例第17条の規定による過料の処分をしようとする場合においては,当該処分を受ける者に対し,あらかじめ告知・弁明書(様式第4号)により告知し,弁明の機会を与えるものとする。

2 市長は,前項の処分をする場合は,当該処分を受ける者に対し,過料処分通知書(様式第5号)を交付するものとする。

3 条例第17条第1号の規定により過料に処する額は,2万円とする。

4 条例第17条第2号の規定により過料に処する額は,2千円とする。

5 条例第17条の規定により過料に処するときの納期限は,当該過料に処する日の属する月の翌月末日とする。

6 過料を納期限までに納入しないときの督促は,督促状(様式第6号)により行うものとする。

(委任)

第9条 この規則の施行に関し必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

(施行期日)

1 この規則は,平成23年5月30日から施行する。

(龍ケ崎市ごみのないきれいなまちにする条例施行規則の廃止)

2 龍ケ崎市ごみのないきれいなまちにする条例施行規則(平成10年龍ケ崎市規則第13号)は,廃止する。

付 則(平成28年3月28日規則第39号)

この規則は,平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

龍ケ崎市歩きたばこ・ポイ捨て等禁止条例施行規則

平成23年1月12日 規則第1号

(平成28年4月1日施行)