○龍ケ崎市職員の職務に専念する義務の特例に関する規則

平成23年3月29日

規則第22号

(趣旨)

第1条 この規則は,龍ケ崎市職員の職務に専念する義務の特例に関する条例(昭和33年龍ケ崎市条例第23号)第2条第3号の規定に基づき,龍ケ崎市職員の職務に専念する義務の特例に関し,必要な事項を定めるものとする。

(職務に専念する義務を免除される場合)

第2条 職員があらかじめ任命権者(その委任を受けた者を含む。以下同じ。)の承認を得て,職務に専念する義務を免除される場合は,次に掲げるとおりとする。

(1) 職員が市又は市の機関以外のものの主催する講演会等において,職務に関連する講演等を行う場合

(2) 職務に関連する資格試験等を受験する場合

(3) 庁舎内において,赤十字血液センターの実施する献血に協力する場合

(4) 前号に掲げるもののほか,任命権者が行政運営上特に必要と認める場合

付 則

この規則は,平成23年4月1日から施行する。

付 則(平成27年3月26日規則第5号)

この規則は,平成27年4月1日から施行する。

龍ケ崎市職員の職務に専念する義務の特例に関する規則

平成23年3月29日 規則第22号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第5類 事/第3章
沿革情報
平成23年3月29日 規則第22号
平成27年3月26日 規則第5号