○龍ケ崎市グループ制に関する規程

平成23年4月14日

訓令第8号

(趣旨)

第1条 この規程は,龍ケ崎市行政組織規則(平成15年龍ケ崎市規則第3号)第2条第1項及び第2項に規定するグループに関し,必要な事項を定めるものとする。

(グループ編成等)

第2条 グループは,次に掲げる事項を目的とする。

(1) 事務事業の執行に最も適した体制を柔軟に採ることにより,事務配分の合理化及び繁閑の調整を行い,課内における職員の流動化を図ること。

(2) 課内における協業体制の強化を図ること。

(3) 課内における意思決定の迅速化を図ること。

2 グループの課別の数は,次に掲げる基準に基づき,市長が編成する。

(1) 課における年間の事務量を考慮すること。

(2) グループ間の事務量配分に偏りがないこと。

(3) 課の分掌事務の関連性,事務量,重要度,緊急度及び合理性を考慮すること。

(グループへの職員の配置)

第3条 グループを構成する職員(以下「グループ員」という。)の配置については,次に掲げる基準に基づき,課長が行うものとする。

(1) グループ員の事務量配分に偏りがないこと。

(2) 各事務事業について主務者1人を定めるとともに,副主務者を定めること。

(3) 各職員が主担当業務を持つものとし,グループ員の職に応じた重要度,難易度,対外的責任等を考慮すること。

(年度途中における職員の配置変更)

第4条 課長は,グループ間の繁閑の状況,事務事業の進捗状況等に応じて必要があると認めるときは,年度途中において,各グループ員の配置を変更することができる。ただし,一時的な事務については,グループ員の配置の変更によらず他のグループとの協力体制により処理するものとする。

2 前項本文に規定する変更を行った課長は,速やかに人事課長に報告するものとする。

(補則)

第5条 この規程に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この訓令は,平成23年5月1日から施行する。

付 則(平成26年3月31日訓令第10号)

この訓令は,平成26年4月1日から施行する。

付 則(平成29年3月13日訓令第11号)

この訓令は,平成29年4月1日から施行する。

付 則(平成30年2月28日訓令第7号)

この訓令は,平成30年4月1日から施行する。

龍ケ崎市グループ制に関する規程

平成23年4月14日 訓令第8号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第4類 行政通則/第1章 組織・処務
沿革情報
平成23年4月14日 訓令第8号
平成26年3月31日 訓令第10号
平成29年3月13日 訓令第11号
平成30年2月28日 訓令第7号