○龍ケ崎市子ども・子育て会議条例

平成25年9月30日

条例第39号

(設置)

第1条 子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号。以下「法」という。)第77条第1項の規定に基づき,龍ケ崎市子ども・子育て会議(以下「子ども・子育て会議」という。)を置く。

(所掌事務)

第2条 子ども・子育て会議は,法第77条第1項各号に掲げる事務を処理するものとする。

(組織)

第3条 子ども・子育て会議は,委員15人以内をもって組織する。

2 委員は,次に掲げる者のうちから,市長が委嘱する。

(1) 法第7条第1項に規定する子ども・子育て支援(以下「子ども・子育て支援」という。)に関し学識経験のある者

(2) 市議会議員

(3) 子ども・子育て支援に関する関係団体の推薦を受けた者

(4) 子ども・子育て支援に関する事業に従事する者

(5) 子どもの保護者(法第6条第1項に規定する子どもの同条第2項に規定する保護者をいう。)

(6) 公募の市民(龍ケ崎市まちづくり基本条例(平成26年龍ケ崎市条例第58号)第3条第1号に規定する市民(法人その他の団体を除く。)をいう。)

(任期)

第4条 委員の任期は,2年とし,再任を妨げない。ただし,欠員が生じた場合における補欠の委員の任期は,前任者の残任期間とする。

2 特定の職により委嘱された委員は,任期満了前において当該職を失ったときは,委員の職を失うものとする。

(会長及び副会長)

第5条 子ども・子育て会議に会長及び副会長を置き,委員の互選によりこれを定める。

2 会長は,子ども・子育て会議を代表し,会務を総理し,会議の議長となる。

3 副会長は,会長を補佐し,会長に事故があるとき,又は会長が欠けたときは,その職務を代理する。

(会議)

第6条 子ども・子育て会議の会議は,会長が招集する。ただし,会長及び副会長が選出されていないときは,市長が行う。

2 子ども・子育て会議は,委員の過半数の出席がなければ会議を開くことができない。

3 子ども・子育て会議の議事は,出席した委員の過半数をもって決し,可否同数のときは,会長の決するところによる。

4 会長は,必要に応じて関係者の出席を求め,その説明又は意見を聴くことができる。

(庶務)

第7条 子ども・子育て会議の庶務は,福祉部こども家庭課において処理する。

(委任)

第8条 この条例に定めるもののほか,子ども・子育て会議の運営に関し必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

(施行期日)

1 この条例は,公布の日から施行する。

(龍ケ崎市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正)

2 龍ケ崎市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(昭和31年龍ケ崎市条例第110号)の一部を次のように改正する。

別表第1中「

特別障害者手当等嘱託医師

日額 13,300円

」を「

特別障害者手当等嘱託医師

日額 13,300円

子ども・子育て会議委員

会長

日額 4,800円

委員

日額 4,400円

」に改める。

別表第2を次のように改める。

別表第2(第2条関係)

職名

男女共同参画推進委員会委員

保健福祉総合推進協議会委員

国民健康保険運営協議会委員

環境審議会委員

廃棄物減量等推進審議会委員

予防接種事故防止対策協議会委員

民生委員推薦会委員

子ども・子育て会議委員

青少年センター運営協議会委員

市営住宅入居者選考委員会委員

旅館等審議会委員

都市計画審議会委員

総合運動公園建設審議会委員

障がい児就学指導委員会委員

学区審議会委員

社会教育委員

文化財保護審議会委員

歴史民俗資料館運営審議会委員

給食センター運営委員会委員

図書館協議会委員

付 則(平成27年6月30日条例第27号抄)

(施行期日)

1 この条例は,平成27年9月1日から施行する。

(龍ケ崎市子ども・子育て会議条例の一部改正に伴う経過措置)

20 この条例の施行の際現に第17条の規定による改正前の龍ケ崎市子ども・子育て会議条例(以下この項において「改正前の条例」という。)に規定する龍ケ崎市子ども・子育て会議の委員である者は,同条の規定による改正後の龍ケ崎市子ども・子育て会議条例に規定する龍ケ崎市子ども・子育て会議の委員として引き続き存在するものとし,その任期は,改正前の条例の規定による委嘱の日から起算するものとする。

付 則(平成30年3月22日条例第10号抄)

(施行期日)

1 この条例は,平成30年4月1日から施行する。

龍ケ崎市子ども・子育て会議条例

平成25年9月30日 条例第39号

(平成30年4月1日施行)