○龍ケ崎市埋蔵文化財専門職員設置規則

平成26年4月23日

教育委員会規則第9号

(趣旨)

第1条 この規則は,龍ケ崎市の埋蔵文化財行政における調査,保存及び活用について,円滑な運用を図るため,龍ケ崎市埋蔵文化財専門職員(以下「専門職員」という。)を置くことについて,必要な事項を定めるものとする。

(委嘱)

第2条 専門職員は,埋蔵文化財に関する専門的な知識,技能及び経験を有する者のうちから,教育委員会が委嘱する。

(任期)

第3条 専門職員の任期は,2年とする。ただし,再任を妨げない。

(職務)

第4条 専門職員は,次に掲げる職務を行うものとする。

(1) 埋蔵文化財の保存及び活用に関し,専門的な助言を行うこと。

(2) 埋蔵文化財の現地踏査,試掘調査及び工事立会いに関すること。

(3) 埋蔵文化財の発掘調査,整理作業及び調査報告書の作成に関すること。

(4) その他埋蔵文化財に関し,教育委員会が必要と認めること。

(解職)

第5条 教育委員会は,専門職員が地方公務員法(昭和25年法律第261号)第28条第1項各号のいずれかに該当すると認めたときは,当該専門職員を解職することができる。

(補則)

第6条 この規則に定めるもののほか必要な事項は,教育委員会が別に定める。

付 則

この規則は,公布の日から施行する。

龍ケ崎市埋蔵文化財専門職員設置規則

平成26年4月23日 教育委員会規則第9号

(平成26年4月23日施行)

体系情報
第8類 育/第4章 社会教育
沿革情報
平成26年4月23日 教育委員会規則第9号