○龍ケ崎市消防団機能別団員の組織運営,任務等に関する規則

平成27年1月5日

規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は,龍ケ崎市消防団員の定員,任免,給与,服務等に関する条例(昭和42年龍ケ崎市条例第20号。以下「条例」という。)に規定する機能別団員の組織運営,任務等について必要な事項を定めるものとする。

(組織運営)

第2条 機能別団員の組織運営ついては,龍ケ崎市消防団組織運営に関する規則(昭和42年龍ケ崎市規則第8号)に定めるもののほか,次に掲げるとおりとする。

(1) 元団員又は元消防職員である機能別団員は,元所属分団又は住所地の現分団長の推薦に基づき,元所属又は住所地の分団部に所属することができる。

(2) 市内の事業所の職員で構成する機能別団員による隊を置くことができる。

(3) 大学生で構成する機能別団員による隊を置くことができる。

(4) その他団長が特に必要と認める機能別団員による隊等を置くことができる。

(隊)

第3条 前条に規定する機能別団員による隊に隊長及び副隊長を置くものとする。

2 隊長は,団長の命を受け,隊の事務を掌理し,所属団員を指揮監督する。

3 副隊長は,隊長を補佐し,隊長に事故があるときは,その職務を代理する。

(任務)

第4条 条例第2条第3項に規定する特定の任務は,次に掲げるとおりとする。

(1) 元団員又は元消防職員である機能別団員にあっては,元所属分団部又は住所地の分団部における基本団員の側面的支援を基本として活動すること。

(2) 市内の事業所の職員で構成する機能別団員による隊にあっては,勤務時間内における水火災等の災害防御活動を基本として活動すること。

(3) 大学生で構成する機能別団員による隊にあっては,平常時の火災予防活動並びに大規模災害時における応急救護及び避難所運営支援活動を基本として活動すること。

(4) その他団長が特に必要と認める活動を行うこと。

(出動区域)

第5条 機能別団員による隊の出動区域は,団長が別に定める。

(訓練等)

第6条 機能別団員は,定例行事,訓練その他基本団員が平常時に行う活動に参加しないことができる。

2 前項の規定にかかわらず,団長は,機能別団員に対して,第4条に規定する任務の遂行に必要な訓練を行うことができる。

付 則

この規則は,平成27年4月1日から施行する。

龍ケ崎市消防団機能別団員の組織運営,任務等に関する規則

平成27年1月5日 規則第1号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第11類 災/第4章
沿革情報
平成27年1月5日 規則第1号