○龍ケ崎市消費生活センターの設置並びに組織及び運営等に関する条例施行規則

平成28年3月25日

規則第38号

(開設日及び開設時間等)

第2条 龍ケ崎市消費生活センター(以下「消費生活センター」という。)の開設日及び開設時間等は,次のとおりとする。

(1) 開設日は,毎週月曜日から金曜日までとする。ただし,龍ケ崎市の休日を定める条例(平成元年龍ケ崎市条例第25号)第1条第1項に規定する市の休日を除くものとする。

(2) 開設時間は,午前10時から正午まで及び午後1時から午後5時までとする。ただし,消費生活に係る相談及び苦情(以下「相談等」という。)の受付時間は,午前10時から午前11時30分まで及び午後1時から午後4時30分までとする。

2 前項の規定にかかわらず,市長は,特別の必要があると認めるときは,開設日及び開設時間等を変更することができる。

(消費生活センター長)

第3条 条例第5条の規定による消費生活センター長は,商工観光課長の職にある者をもって充てるものとする。

(業務)

第4条 消費生活センターにおいては,消費者安全法(平成21年法律第50号)第8条第2項の規定に基づき,次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 相談等の処理に関すること。

(2) 消費生活に係る知識の普及及び情報の提供に関すること。

(3) 消費生活に係る第7条第1項第3号に規定する関係機関等との連絡調整に関すること。

(4) その他消費生活の安定及び向上に関すること。

(相談等の受付)

第5条 相談等は,来庁によるもののほか,文書又は電話等によるものでもこれを受け付けるものとする。

2 相談等の対象は,次に掲げるものとする。

(1) 商品,サービス等(以下「商品等」という。)の選択の方法及び購入に係る相談等に関すること。

(2) 商品等の消費過程等について発生する相談等に関すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか消費生活全般に係る相談等に関すること。

(相談等の処理結果等の記録)

第6条 条例第6条に規定する消費生活相談員(以下「消費生活相談員」という。)は,相談等の日時,相談者の住所及び氏名,相談等の内容並びに処理の結果等を記録し,これを保管しなければならない。

(相談等の完結)

第7条 相談等は,次に掲げる時点をもって完結したものとみなすものとする。

(1) 苦情相談については,相談者と商品等の製造,販売,提供等を行う事業者(以下「関係業者」という。)との間で自主的な解決が可能なものであって,当該相談者に対し助言又は必要な知識を提供することによって,当該相談者が納得したとき。

(2) 前号に掲げるもの以外の相談等については,相談者に対し商品選択,生活設計等に関する助言又は回答をしたとき。

(3) 相談等の内容が相談者において解決困難である場合は,次条の規定により関係業者若しくは当該関係業者の所属する業界団体又は国若しくは他の公共機関(以下「関係機関等」という。)に連絡をし,又は処理依頼をしたとき。

2 前項第3号の規定により相談等を完結するときは,当該相談者に対し処理結果等の回答をするものとする。

(関係機関等との連携)

第8条 消費生活相談員は,相談等の内容が消費生活センターにおいて解決することが困難であると認めるときは,関係機関等と連携し,当該相談等の処理に当たるものとする。この場合において,検査する必要がある商品等が持参され,又は送付されたときは,速やかに関係機関等と密接な連絡を取り,その処理に当たるものとする。

2 前項の規定により相談等の処理を関係機関等に依頼したときは,消費生活相談員は,速やかにその旨を当該相談者に対し連絡しなければならない。

(補則)

第9条 この規則に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

(施行期日)

1 この規則は,平成28年4月1日から施行する。

(龍ケ崎市消費生活センターの設置及び運営に関する規則の廃止)

2 龍ケ崎市消費生活センターの設置及び運営に関する規則(平成15年龍ケ崎市規則第26号)は,廃止する。

龍ケ崎市消費生活センターの設置並びに組織及び運営等に関する条例施行規則

平成28年3月25日 規則第38号

(平成28年4月1日施行)