○龍ケ崎市業務改善奨励規程

平成28年3月29日

訓令第6号

(目的)

第1条 この規程は,職員が創意工夫により業務改善に取り組み,その成果を共有し,これを奨励することにより,職員の資質の向上及び職場環境の改善を図り,もって市民サービスの向上及び行政事務の効率化に資することを目的とする。

(定義)

第2条 この規程において「改善」とは,自己の所属する課等が所掌する業務について,見直し又は新たな取組みの実施を図ることをいう。

(改善要件)

第3条 改善の内容は,次の各号のいずれかの要件に該当するものでなければならない。

(1) 市民サービスの向上に関する事項

(2) 経費の削減又は歳入の増加に関する事項

(3) 現在の事務事業の見直し又は新たな事務事業に関する事項

(4) 事務能率の向上に関する事項

(5) 職員の意識改革に関する事項

(6) 職場環境の改善に関する事項

(7) 職員同士のコミュニケーションの向上に関する事項

(8) その他第1条の目的に資する事項

(改善事例の報告方法及び公表)

第4条 所属長は,改善を行った場合において,その取組み及び成果を報告するときは,業務改善事例報告書(別記様式)に所定の事項を記入し,企画課長に提出しなければならない。

2 企画課長は,前項の規定により提出された業務改善事例報告書の内容について,前条に規定する改善要件に適合すると認められる事例については,イントラネット系システムの電子掲示板を用いて広く職員に公表するものとする。

(業務改善推進員の配置)

第5条 各課等に,所属長の推薦による業務改善推進員(以下「推進員」という。)を置く。

2 推進員は,各課等に所属する職員が改善を行うよう,周知及び取組みの推進を図らなければならない。

(優秀事例等の決定)

第6条 第4条第2項の規定により公表した改善事例の中から,推進員及び職員による投票その他の方法により,優秀な改善事例等を決定するものとする。

(優秀事例等の表彰)

第7条 市長は,前条の規定による決定を考慮し,優秀な改善事例等について,表彰及び褒賞を行うことができる。

2 前項の表彰及び褒賞の種類は,別に定める。

(改善の奨励)

第8条 所属長は,当該所属職員が積極的に改善を発案し,及び実行することができるような職場環境を作らなければならない。

(補則)

第9条 この規程に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この訓令は,平成28年4月1日から施行する。

付 則(平成29年3月13日訓令第11号)

この訓令は,平成29年4月1日から施行する。

画像

龍ケ崎市業務改善奨励規程

平成28年3月29日 訓令第6号

(平成29年4月1日施行)