○龍ケ崎市妊産婦及び乳児健康診査実施要綱

平成28年3月31日

告示第78号

(趣旨)

第1条 この要綱は,母子保健法(昭和40年法律第141号。以下「法」という。)第13条第1項の規定に基づき,妊産婦及び乳児に対する健康診査に関し,必要な事項を定めるものとする。

(実施主体)

第2条 事業実施主体は,龍ケ崎市とする。

(対象者)

第3条 実施対象者は,龍ケ崎市内に住所を有する妊産婦又は東日本大震災における原子力発電所の事故による災害に対処するための避難住民に係る事務処理の特例及び住所移転者に係る措置に関する法律(平成23年法律第98号)第2条第1項の指定市町村から本市へ避難している妊産婦及びその乳児とする。

(実施機関)

第4条 この事業の実施機関は,市長が事業の実施を委託した医療機関(妊産婦健康診査においては,助産所を含む。以下「委託医療機関等」という。)とする。

(健康診査の内容)

第5条 健康診査の内容は別表第1のとおりとし,健康診査の回数及び実施時期は別表第2のとおりとする。

(受診票の交付)

第6条 市長は,法第15条の規定による妊娠の届出を受理したときは,法第16条第1項の規定による母子健康手帳の交付を行い,龍ケ崎市妊婦一般健康診査受診票(様式第1号)及び龍ケ崎市産婦一般健康診査受診票(様式第2号)を交付するものとする。

2 市長は,他市町村からの転入者が妊産婦であると確認したときは,法第15条の規定による妊娠の届出を提出させ,妊娠週数及び前住所地での健康診査受診票の利用回数を確認し,前項に規定する受診票のうち,必要な受診票を交付するものとする。

3 市長は,生後3月から12月未満の者に龍ケ崎市乳児一般健康診査受診票(様式第3号)を交付するものとする。

4 市長は,他市町村からの転入者が乳児であると確認したときは,龍ケ崎市乳児健康診査受診票交付申請書(様式第4号)を提出させ,生後月齢及び前住所地での健康診査受診票利用回数を確認し,必要な受診票を交付するものとする。

(交付状況の記録等)

第7条 市長は,前条第1項に規定する受診票の交付状況を明確にしておくため,龍ケ崎市母子健康手帳交付台帳(様式第5号)に必要事項を記録するものとする。

2 市長は,乳児一般健康診査受診票の交付状況を明確にしておくため,龍ケ崎市母子管理台帳(様式第6号)に必要事項を記録するものとする。

(受診票の再交付)

第8条 市長は,受診票を紛失し,又は汚損した者から受診票の再交付の申出があった場合は,母子健康手帳により健康診査受診歴を確認し,適当と認めたときは,龍ケ崎市妊産婦・乳児健康診査受診票再交付申請書(様式第7号)を提出させ,第6条第1項及び第3項に規定する受診票のうち,必要な受診票を交付するものとする。

(健康診査の受診)

第9条 第6条の規定により,受診票の交付を受けた者は,受診票を委託医療機関等に持参し,健康診査を受診するものとする。

(検査等費用の請求及び支払)

第10条 委託医療機関等は,この要綱による検査に要した費用を請求しようとするときは,検査結果を記載した受診票を1月分取りまとめ,龍ケ崎市妊産婦・乳児健康診査委託料請求書(様式第8号)に添付して,翌月の10日までに茨城県国民健康保険団体連合会に提出するものとする。ただし,3月分については翌月の5日までに提出するものとする。

(償還払い)

第11条 妊産婦及び乳児健康診査を受けた者(以下「受診者」という。)は,委託医療機関等以外の医療機関等における当該健康診査に要した額を市長に請求することができる。この場合において,受診者は,龍ケ崎市妊産婦健康診査償還払申請書兼請求書(様式第9号)又は龍ケ崎市乳児健康診査償還払申請書兼請求書(様式第10号)に次に掲げる書類を添えて,健康診査を受診した日から1年以内に,市長に提出するものとする。

(1) 妊婦一般健康診査受診票,産婦一般健康診査受診票及び乳児健康診査受診票

(2) 医療機関等が発行した健康診査の受診ごとの領収書その他健康診査に要した費用の支払額が確認できる書類

(3) 健康診査の受診日及び結果の記載された母子健康手帳の写し

2 前項の規定により請求することができる額は,当該健康診査に要した額とする。ただし,別に定める医療機関等との委託契約に基づき市が定める単価の額を超えた場合には,その額とする。

3 市長は,第1項の規定による請求を受けたときは,請求の内容を審査し,龍ケ崎市妊産婦・乳児健康診査償還払支給(不支給)決定通知書(様式第11号)により受診者に通知するとともに,速やかに当該請求に係る金額を支払うものとする。

(返還)

第12条 市長は,健康診査費用の助成を受けた者が偽りその他不正な手段により助成を受けたときは,その全部又は一部を返還させることができる。

(啓発)

第13条 市長は,健康診査の円滑な実施を図るため,委託医療機関等の協力を得て,事業の啓発を図るものとする。

(事後指導)

第14条 市長は,健康診査の結果に基づき必要に応じ,受診者及び当該受診者の家族に対して,次のような事後指導を行うものとする。

(1) 保健指導を要する者については,必要に応じて訪問指導を行うこと。

(2) 医療を必要とする者については,医療が円滑に行われるように指導すること。

(秘密の保持)

第15条 委託医療機関等は,健康診査により知り得た秘密の保持に配慮するとともに,当該秘密を目的外に使用しないものとする。

(補則)

第16条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この告示は,平成28年4月1日から施行する。

付 則(平成29年3月31日告示第64号)

この告示は,平成29年4月1日から施行する。

付 則(平成30年9月3日告示第154号)

この告示は,公布の日から施行する。

付 則(令和元年8月21日告示第23号)

この告示は,公布の日から施行する。

付 則(令和2年2月27日告示第21号)

この告示は,公布の日から施行する。

付 則(令和2年3月27日告示第57号)

この告示は,令和2年4月1日から施行する。

別表第1(第5条関係)

健康診査の内容

検査名

内容

妊婦一般健康診査

第1回(初回)※1

□基本的な健康診査

・問診等による健康状態の把握

・定期検査(尿検査,血圧,子宮底長,腹囲,浮腫,体重,身長)

・保健指導

□血液検査

・血液型検査(ABO式,RH式,不規則抗体)

・血算検査

・血糖検査

・HBs抗原検査

・HCV抗体検査

・梅毒血清反応検査

・風しんウイルス抗体検査

・HIV抗体検査

□子宮頸がん検査(細胞診)

□超音波検査

□HTL―1抗体検査

第2回,第3回,第5回,第7回,第9回,第10回,第13回,第14回

□基本的な健康診査

・問診等による健康状態の把握

・定期検査(尿検査,血圧,子宮底長,腹囲,浮腫,体重)

・保健指導

第4回※1

□基本的な健康診査

・問診等による健康状態の把握

・定期検査(尿検査,血圧,子宮底長,腹囲,浮腫,体重)

・保健指導

□超音波検査

第6回※1

□基本的な健康診査

・問診等による健康状態の把握

・定期検査(尿検査,血圧,子宮底長,腹囲,浮腫,体重)

・保健指導

□血液検査

・血算検査

・血糖検査

第8回※1

□基本的な健康診査

・問診等による健康状態の把握

・定期検査(尿検査,血圧,子宮底長,腹囲,浮腫,体重)

・保健指導

□超音波検査

□クラミジア核酸同定検査

第11回※1

□基本的な健康診査

・問診等による健康状態の把握

・定期検査(尿検査,血圧,子宮底長,腹囲,浮腫,体重)

・保健指導

□血算検査

□B群溶血性レンサ球菌検査

第12回※2

□基本的な健康診査

・問診等による健康状態の把握

・定期検査(尿検査,血圧,子宮底長,腹囲,浮腫,体重)

・保健指導

□超音波検査

産婦一般健康診査

第1回,第2回※1

□基本的な健康診査

・診察,体重・血圧測定

・尿検査

・エジンバラ産後うつ病検査

乳児一般健康診査※1

□基本的な健康診査

・問診等による健康状態と精神運動発達の把握

・身体計測等による身体発育状況の把握

・保健指導及び栄養指導

備考

1 ※1については,医療機関で実施するものとし,助産所では実施しないが,乳児一般の健康診査の内容は,乳児の健康診査において一般的に必要と考えられるものについて示されたもので,既に実施している等により検査の一部を省略し,必要に応じてその他の検査を行って差し支えない。

2 ※2については,医療機関で実施するものであるが,嘱託医等と十分な連携の上,助産所においても実施することができる。その場合の委託内容は,「基本的な健康診査」とする。

別表第2(第5条関係)

健康診査の回数及び実施時期

検査名

回数

実施時期

妊婦一般健康診査

14回

望ましい健康診査の時期は,次のとおりとする。

第1回 妊娠満8週頃

第2回 妊娠満12週頃

第3回 妊娠満16週頃

第4回 妊娠満20週頃

第5回 妊娠満24週頃

第6回 妊娠満26週頃

第7回 妊娠満28週頃

第8回 妊娠満30週頃

第9回 妊娠満32週頃

第10回 妊娠満34週頃

第11回 妊娠満36週頃

第12回 妊娠満37週頃

第13回 妊娠満38週頃

第14回 妊娠満39週頃

産婦一般健康診査

2回

望ましい健康診査の時期は,次のとおりとする。

第1回 産後2週間頃

第2回 産後1月頃

乳児一般健康診査

2回

生後3月から7月までの間及び8月から11月までの間に各1回

備考 妊産婦一般健康診査における望ましい妊産婦検診時期は,目安であり,医療機関や妊産婦の受診時期により利用時期を変えて利用しても差し支えない。

画像画像画像画像画像画像画像

画像画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像画像

画像画像

画像画像

画像

龍ケ崎市妊産婦及び乳児健康診査実施要綱

平成28年3月31日 告示第78号

(令和2年4月1日施行)