○龍ケ崎市胃内視鏡検診運営委員会要綱

平成29年11月7日

告示第119号

(趣旨)

第1条 市が市民を対象に実施する胃がん検診において,胃内視鏡検診(以下「検診」という。)の適正かつ効果的な運営を図るため,胃内視鏡検診運営委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 委員会は,次に掲げる事項を所掌する。

(1) 検診の対象者及び実施方法に関すること。

(2) 検診機関において検査に従事する検査医の認定に関すること。

(3) 検査後の画像の読影及び管理に関すること。

(4) 偶発症(検査に伴い偶発的に起きる症状をいう。)に関する調査及び対策に関すること。

(5) 研修会の開催に関すること。

(6) その他市長が必要と認める事項

(構成)

第3条 委員会は,次に掲げる医師8人以内をもって構成する。

(1) 一般社団法人龍ケ崎市医師会に属する医師

(2) その他市長が必要と認める医師

(会議)

第4条 委員会の会議(以下「会議」という。)は,年1回開催するものとする。ただし,健康増進課長が必要と認めるときは,臨時に開催することができる。

2 会議は,健康増進課長が前条に掲げる者の参加を求め,開催するものとする。

3 健康増進課長は,前項の規定による会議の参加者(以下「参加者」という。)のうち,その互選により座長と定められた者に委員会の進行等を依頼することができる。

4 委員会は,必要があると認めるときは,会議に参加者以外の者の出席を求め,その意見を聴くことができる。

(報償及び費用弁償)

第5条 市長は,参加者の活動等の実績に応じて,報償費の支給及び費用弁償をすることができる。

(庶務)

第6条 会議の庶務は,健康づくり推進部健康増進課において処理する。

(補則)

第7条 この要綱に定めるもののほか,委員会の運営に関し必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この告示は,平成30年4月1日から施行する。

付 則(平成30年2月28日告示第42号)

この告示は,平成30年4月1日から施行する。

付 則(令和元年10月3日告示第46号)

この告示は,公布の日から施行する。

龍ケ崎市胃内視鏡検診運営委員会要綱

平成29年11月7日 告示第119号

(令和元年10月3日施行)

体系情報
第9類 生/第2章 保健衛生
沿革情報
平成29年11月7日 告示第119号
平成30年2月28日 告示第42号
令和元年10月3日 告示第46号