○龍ケ崎市迷い犬預かりサポーター登録要綱

平成30年4月19日

告示第118号

(趣旨)

第1条 この要綱は,茨城県犬猫殺処分ゼロを目指す条例(平成28年茨城県条例第59号)の趣旨に鑑み,本市で保護した飼い主が不明な犬(以下「迷い犬」という。)の殺処分を防ぐための取組として行う迷い犬預かりサポーターの登録について,必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「迷い犬預かりサポーター」とは,迷い犬を飼い主が見つかるまでの間自宅で預かる者をいう。

(要件)

第3条 迷い犬預かりサポーターになることができる者は,市内又は本市の近隣市町村に居住する20歳以上の者で,次に掲げる各号のいずれの要件にも該当するものとする。

(1) 迷い犬の預かりに要する費用を自ら負担することができる者

(2) 迷い犬を預かることができる住居に住んでいる者

(3) 迷い犬の預かりを営利目的としない者

(登録)

第4条 迷い犬預かりサポーターになろうとする者は,龍ケ崎市迷い犬預かりサポーター登録申込書(様式第1号)に必要な書類を添えて市長に提出しなければならない。

2 市長は,前項の規定による申込みがあったときは,その内容を審査の上,迷い犬預かりサポーターへの登録の可否を決定し,龍ケ崎市迷い犬預かりサポーター登録申込結果通知書(様式第2号)により当該申込みをした者に通知するものとする。

3 市長は,前項の規定による登録の決定をしたときは,当該登録をした者(以下「登録者」という。)を龍ケ崎市迷い犬預かりサポーター登録台帳(様式第3号)に記載し,管理するものとする。

4 前項の登録の有効期間は,当該登録の日の属する年度の翌年度の末日までとする。ただし,当該有効期間は,次条の規定による登録の抹消がされない限り,2年ごとに自動で更新されるものとする。

(登録の抹消)

第5条 登録者が当該登録の抹消を希望するときは,龍ケ崎市迷い犬預かりサポーター登録抹消届(様式第4号)を市長に提出するものとする。

2 市長は,前項の規定による届を受けたとき,又は登録者が迷い犬預かりサポーターとしてふさわしくないと認めるときは,迷い犬預かりサポーターの登録を抹消することができる。

3 市長は,前項の規定による登録の抹消をしたときは,龍ケ崎市迷い犬預かりサポーター登録抹消決定通知書(様式第5号)により当該登録の抹消をした者に通知するものとする。

(迷い犬預かりサポーターとしての責務)

第6条 迷い犬預かりサポーターとなった者は,次に掲げる事項に取り組むよう努めるものとする。

(1) 市の動物愛護に関する施策や取組について理解し,協力すること。

(2) 動物が命あるものであることを認識するとともに,動物愛護に関連する法令等を遵守し,預かった犬を適正に飼養すること。

(守秘義務)

第7条 登録者は,その活動を行う上で知り得た秘密を他に漏らしてはならない。第5条第2項の規定による登録の抹消をされた後も,同様とする。

(報酬等)

第8条 迷い犬預かりサポーターに対する報酬,費用弁償等は,支給しない。

(補則)

第9条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この告示は,公布の日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

画像

龍ケ崎市迷い犬預かりサポーター登録要綱

平成30年4月19日 告示第118号

(平成30年4月19日施行)