○龍ケ崎市成人男性風しん抗体検査及び予防接種事業実施要綱

平成31年3月29日

告示第52号

(趣旨)

第1条 この要綱は,風しんに係る公的予防接種を受ける機会がなかった男性を対象に実施する風しんの抗体検査及び予防接種に関し,必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において,次の各号に掲げる用語の意義は,当該各号に定めるところによる。

(1) 抗体検査 風しんの抗体検査をいう。

(2) 予防接種 予防接種法(昭和23年法律第68号)第5条第1項の規定に基づく風しんの第5期の定期接種をいう。

(3) 抗体検査実施機関 全国知事会及び日本医師会との間で締結した抗体検査に係る集合契約の実施機関である医療機関及び健診機関(以下「医療機関等」という。)をいう。

(4) 予防接種実施機関 全国知事会及び日本医師会との間で締結した予防接種に係る集合契約の実施機関である医療機関をいう。

(抗体検査の対象者)

第3条 抗体検査を受けることができる者(以下「検査対象者」という。)は,次に掲げる者のうち,市内に住所を有するものとする。

(1) 昭和47年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性

(2) 昭和37年4月2日から昭和47年4月1日の間に生まれた男性

(クーポン券の送付)

第4条 市長は,検査対象者(既に交付済みの者を除く。)に対し,あらかじめ風しん抗体検査・予防接種クーポン券(様式第1号。以下「クーポン券」という。)を送付するものとする。

(抗体検査の受診)

第5条 検査対象者は,抗体検査を受けようとするときは,抗体検査に係るクーポン券を抗体検査実施機関に提出しなければならない。

2 検査対象者は,前項の規定によるクーポン券の提出により,当該抗体検査に係る自己負担金の支払に替えるものとする。

(抗体検査の実施)

第6条 抗体検査実施機関は,前項の規定によりクーポン券を提出した検査対象者に対し,抗体検査を実施したときは,風しんの追加的対策に係る手引きについて(協力依頼)(平成31年2月8日付け健健発0208第1号厚生労働省健康局健康課長・健感発0208第2号厚生労働省健康局結核感染症課長連名通知)別添の昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を対象に実施する風しんの抗体検査及び予防接種法第5条第1項の規定に基づく風しんの第5期の定期接種の実施に向けた手引き(以下「手引き」という。)に定める風しんの抗体検査受診票(以下「受診票」という。)に必要事項を記載し,その写しに本人控えのクーポン券を貼付した上で,抗体検査を受けた者(以下「被検査者」という。)に交付しなければならない。

(予防接種の対象者)

第7条 予防接種を受けることができる者(以下「接種対象者」という。)は,被検査者のうち,前条の抗体検査の結果,風しんに対する十分な量の抗体がなく,予防接種の対象と判定を受けた者とする。

(予防接種の受診)

第8条 接種対象者は,予防接種を受けようとするときは,予防接種実施機関に第6条の規定により交付された受診票の写しを提示した上で,予防接種に係るクーポン券及び手引きに定める風しんの第5期の定期接種予診票(以下「予診票」という。)を提出しなければならない。

2 接種対象者は,前項の規定によるクーポン券の提出により,第10条に規定する場合を除き,当該予防接種に係る自己負担金の支払に替えるものとする。

(予防接種実施前の確認)

第9条 予防接種実施機関は,予防接種を実施するときは,当該接種対象者に対して,あらかじめ予防接種の効果,副反応及び予防接種健康被害救済制度その他必要な事項を十分説明し,抗体検査の結果及び予防接種の希望意思を確認するとともに,十分な予診を行わなければならない。

(予診のみを受けた場合の市の費用負担)

第10条 市は,接種対象者が予診によって予防接種を受けるに至らなかった場合は,当該予診に係る費用については負担しないものとし,当該予診にかかった費用は,当該接種対象者の負担とする。

(接種済証の交付)

第11条 予防接種実施機関は,接種対象者に予防接種を実施したときは,接種済の証として,必要事項を記載した予診票の写しに本人控えのクーポン券を貼付したものを当該接種対象者に交付しなければならない。

(請求及び支払)

第12条 抗体検査実施機関及び予防接種実施機関は,実施月ごとに国保連提出用のクーポン券を貼付した受診票又は予診票(以下「受診票等」という。)に,手引きに定める請求総括表(小計)及び請求総括表(総計)(以下「請求総括表」という。)を添付し,翌月の10日(3月分については,5日)までに茨城県国民健康保険団体連合会に提出しなければならない。

2 茨城県国民健康保険団体連合会は,請求総括表の提出を受けたときは,その内容を審査した上で,請求書及び受診票等を市長へ送付しなければならない。

3 市長は,前項の規定による請求書及び受診票等の送付を受けた場合は,その内容を審査し,適当であると認めたときは,茨城県国民健康保険団体連合会に,遅滞なく当該請求に係る金額を支払うものとする。

(償還払い)

第13条 クーポン券を使用せずに抗体検査を受けた検査対象者若しくは予防接種を受けた接種対象者又は抗体検査実施機関以外の医療機関等で抗体検査を受けた検査対象者若しくは予防接種実施機関以外の医療機関で予防接種を受けた接種対象者(以下「償還払請求者」という。)は,当該抗体検査又は予防接種に要した費用のうち,クーポン券による公費負担相当額を市長に請求することができる。

2 償還払請求者は,前項の規定による請求をしようとする場合は,龍ケ崎市成人男性風しん抗体検査及び予防接種償還払申請書兼請求書(様式第2号)次の各号に掲げる書類を添えて,各年度の末日までに提出しなければならない。

(1) 本人の確認ができる書類

(2) 抗体検査又は予防接種の領収書(抗体検査又は予防接種の種類,実施日及び要した費用の内訳が明記されているもの)

3 市長は,前2項の規定による請求を受けた場合は,その内容を審査し,龍ケ崎市成人男性風しん抗体検査・予防接種償還払決定(却下)通知書(様式第3号)により償還払請求者に通知するとともに,速やかに当該請求に係る金額を支払うものとする。

(予防接種の記録)

第14条 市長は,龍ケ崎市成人男性風しん予防接種台帳(様式第4号。以下「台帳」という。)を備え,予防接種の記録を記載するものとする。

2 市長は,台帳を予防接種が完了した日の属する年度の翌年から5年間保管するものとする。

(補則)

第15条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

(施行期日)

1 この告示は,平成31年4月1日から施行し,平成31年2月8日から適用する。ただし,第4条から第6条まで,第8条第11条及び第12条の規定は,平成31年4月1日から適用する。

(経過措置)

2 平成31年2月8日からこの告示の施行の日の前日までの間に抗体検査又は予防接種を受けた者に対する第13条の規定の適用については,同条第2項中「各年度の末日」とあるのは「令和2年3月31日」とする。

(この告示の失効)

3 この告示は,令和4年3月31日限り,その効力を失う。

(失効後の経過措置)

4 この告示の失効の日(以下「失効日」という。)以前に抗体検査又は予防接種を受けた者に係る請求及び支払いに関する第12条の規定は,失効日後もなおその効力を有する。

付 則(令和2年3月25日告示第49号)

この告示は,公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

龍ケ崎市成人男性風しん抗体検査及び予防接種事業実施要綱

平成31年3月29日 告示第52号

(令和2年3月25日施行)