○茨城県災害対策融資(令和元年台風15号・19号災害特例)における龍ケ崎市利子補給金交付要綱

令和元年12月27日

告示第66号

(趣旨)

第1条 この要綱は,令和元年台風第15号に伴う災害(以下「令和元年台風15号災害」という。)及び令和元年台風第19号に伴う災害(以下「令和元年台風19号災害」という。)により被害を受けた中小企業者の復興を支援するため,茨城県災害対策融資(令和元年台風15号・19号災害特例)(以下「融資」という。)を受けた中小企業者に対し,予算の範囲内において利子補給金を交付することについて,龍ケ崎市補助金等交付規則(平成15年龍ケ崎市規則第17号。以下「規則」という。)に定めるもののほか,必要な事項を定めるものとする。

(利子補給金の交付対象者)

第2条 この要綱における利子補給金の交付対象者は,次に掲げる要件のいずれにも該当するものとする。

(1) 経営の安定に必要な設備資金又は運転資金として融資を受けた中小企業者であって,市内に事業所を有するもの

(2) 令和元年台風15号災害又は令和元年台風19号災害に起因した事業所の被害について,市長のり災証明等を受けた者

(3) 申請時において市民税,固定資産税・都市計画税,軽自動車税,国民健康保険税,介護保険料及び下水道使用料を滞納していない者

(利子補給率)

第3条 利子補給率は,10分の10とする。

(利子補給の期間)

第4条 利子補給の期間は,融資を受けた日から3年後の応答月の約定日までとする。

(利子補給金の額)

第5条 利子補給金の額は,毎年1月1日(初年度は融資を受けた日)から12月31日までの期間(以下「利子計算期間」という。)につき,金融機関に支払った利子(遅延損害金を除く。)第3条に規定する利子補給率を乗じて得た額(その額に1円未満の端数が生じたときはこれを切り捨てた額)とする。

(利子補給金の交付申請)

第6条 利子補給金の交付を受けようとする者は,利子計算期間ごとに市長が指定する日までに,次に掲げる書類を市長に提出しなければならない。

(1) 茨城県災害対策融資(令和元年台風15号・19号災害特例)における龍ケ崎市利子補給金交付申請書(様式第1号)

(2) 融資を受けていることが確認できる書類の写し

(3) その他市長が必要と認める書類

(利子補給金の交付決定等)

第7条 市長は,前条の規定により交付申請書の提出があったときは,審査の上,交付の可否を決定し,茨城県災害対策融資(令和元年台風15号・19号災害特例)における龍ケ崎市利子補給金交付決定・却下通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(補助金の請求等)

第8条 前条の規定により交付の決定を受けた者は,茨城県災害対策融資(令和元年台風15号・19号災害特例)における龍ケ崎市利子補給金交付請求書(様式第3号)により,市長に利子補給金を請求するものとする。

2 市長は,前項の規定により請求を受けたときは,速やかに利子補給金を交付するものとする。

(利子補給金の交付決定の取消し等)

第9条 市長は,利子補給金の交付の決定を受けた者が次の各号のいずれかに該当する場合は,利子補給金の全部又は一部の交付の決定を取り消すことができる。この場合において,既に交付した利子補給金があるときは,その全部又は一部の返還を命ずることができる。

(1) 融資金を借入れの目的以外の目的に使用したとき。

(2) 虚偽その他不正の手段により融資を受けたとき。

(3) 融資について,茨城県信用保証協会が代位弁済したとき。

(4) 虚偽その他不正の手段により利子補給金の交付を受けたとき。

(5) 規則又はこの要綱に定める事項に違反したとき。

(補則)

第10条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この告示は,公布の日から施行し,令和元年11月19日以後の融資実行分から適用する。

画像

画像

画像

茨城県災害対策融資(令和元年台風15号・19号災害特例)における龍ケ崎市利子補給金交付要…

令和元年12月27日 告示第66号

(令和元年12月27日施行)