○龍ケ崎市A類疾病予防接種事業実施要綱

令和2年2月27日

告示第23号

(趣旨)

第1条 この要綱は,予防接種法(昭和23年法律第68号)第5条第1項の規定に基づき本市が実施するA類疾病に係る定期予防接種(以下「A類疾病予防接種」という。)に関し,必要な事項を定めるものとする。

(対象者)

第2条 A類疾病予防接種の対象者(以下「対象者」という)は,次の各号に掲げる要件のいずれにも該当する者とする。

(1) 本市の住民基本台帳に記録されている者

(2) 予防接種法施行令(昭和23年政令第197号)第1条の3の表の上欄に掲げる疾病(A類疾病に限る。)ごとに,それぞれ同表の下欄に掲げる者

2 前項第1号の規定にかかわらず,市内に居住していることが確認でき,かつ,本市の住民基本台帳に記録されていないことにやむを得ない事由があると市長が認める者については,対象者とすることができる。

(予診票の交付)

第3条 市長は,対象者に対し,対象となるA類疾病予防接種の種類に応じ,予診票(予防接種法第5条第1項の規定による予防接種の実施について(平成25年3月30日付け健発0330第2号厚生労働省健康局長通知)別添定期接種実施要領第1の9の(1)により作成した予診票をいう。以下同じ。)を事前に交付するものとする。

2 前項の場合において,当該対象者が転入者であるときは,市長は,母子健康手帳等によりA類疾病予防接種の接種歴を確認し,必要な予診票を交付するものとする。

(実施方法)

第4条 A類疾病予防接種は,次に掲げる医療機関において行うものとする。

(1) 一般社団法人龍ケ崎市医師会に加入し,市長がA類疾病予防接種の実施を委託した医療機関(以下「市委託医療機関」という。)

(2) 一般社団法人茨城県医師会に加入し,広域接種に協力する意思を示す委任状を同医師会に提出した医療機関(市委託医療機関を除く。以下「県内協力医療機関」という。)

(3) 県外の医療機関

2 前項の規定にかかわらず,市長が必要と認めるときは,A類疾病予防接種を市長が指定する場所において集団で行うことができる。

(保護者の同伴)

第5条 対象者がA類疾病予防接種を受ける場合は,保護者の同伴を必要とする。ただし,対象者が13歳以上のときは,この限りでない。

2 前項本文の規定にかかわらず,保護者が同伴できないときは,当該対象者の健康状態を熟知し,保護者から委任を受けた者が同伴を代わることができる。この場合において,当該委任を受けた者(以下「同伴者」という。)は,A類疾病予防接種を実施する医療機関に対し,委任状を提出しなければならない。

3 前項の委任状は,保護者の氏名(自署のもの),住所及び緊急連絡先並びに対象者の氏名及び対象となるA類疾病予防接種の種類並びに同伴者の氏名,住所及び対象者との関係が記入されているものとする。

(県外の医療機関との契約)

第6条 県外の医療機関でA類疾病予防接種を受けようとする対象者は,龍ケ崎市A類疾病予防接種県外接種申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は,前項の規定による申請があったときは,当該県外の医療機関とA類疾病予防接種に係る契約を締結するものとする。

(契約医療機関における接種手続)

第7条 市委託医療機関,県内協力医療機関及び前条第2項の規定により契約を締結した県外の医療機関(以下「県外契約医療機関」という。)(以下「契約医療機関」という。)においてA類疾病予防接種を受けようとする対象者は,予診票に必要事項を記載の上,当該契約医療機関に提出するものとする。

2 前項の規定によりA類疾病予防接種を受けた対象者(以下「被接種者」という。)については,契約医療機関は,費用を徴収しないものとする。

(請求及び支払)

第8条 契約医療機関は,被接種者の予診票を1月分取りまとめ,翌月の10日までに,次の各号に掲げる医療機関の区分に応じ,当該各号に定める請求書とともに市長に提出しなければならない。

(1) 市委託医療機関 龍ケ崎市A類疾病予防接種(市委託医療機関)実績報告書兼請求書(様式第2号)

(2) 県内協力医療機関 一般社団法人茨城県医師会が定める茨城県内定期予防接種広域事業実績報告書兼請求書

(3) 県外契約医療機関 龍ケ崎市A類疾病予防接種(県外契約医療機関)実績報告書兼請求書(様式第3号)

2 市長は,前項の規定による請求を受けた場合において,その内容を審査し,適当と認めたときは,30日以内にA類疾病予防接種に要した費用を契約医療機関に支払うものとする。

(契約医療機関以外での接種手続)

第9条 市長は,第6条第2項の規定による契約を締結できなかったときは,龍ケ崎市A類疾病予防接種実施依頼書(様式第4号。以下「依頼書」という。)を対象者へ交付するものとする。

2 契約医療機関以外の医療機関でA類疾病予防接種を受けようとする対象者は,当該医療機関に依頼書を提出するものとする。

(償還払いの手続)

第10条 前条第2項の規定によりA類疾病予防接種を受けた対象者は,当該A類疾病予防接種に要した費用を市長に請求することができる。

2 前項の規定による請求をしようとする対象者は,龍ケ崎市A類疾病予防接種費用償還払申請書兼請求書(様式第5号)に次に掲げる書類を添えて,A類疾病予防接種を受けた日の属する年度の末日までに市長に提出しなければならない。ただし,当該日までに提出することができない特段の理由があると市長が認めるときは,この限りでない。

(1) 医療機関が発行した予防接種領収書の写し

(2) 接種日が記載された母子健康手帳の写し

(3) 予診票

3 市長は,前項の規定による請求を受けた場合において,その内容を審査し,適当と認めたときは,龍ケ崎市A類疾病予防接種費用償還払交付(不交付)決定通知書(様式第6号)により対象者に通知するとともに,速やかに当該請求に係る金額を支払うものとする。

(予防接種の記録)

第11条 市長は,龍ケ崎市A類疾病予防接種台帳(様式第7号。以下「台帳」という。)を備え,A類疾病予防接種を受けた者の記録を記載するものとする。

2 市長は,台帳及び予診票をA類疾病予防接種の完了した日の属する年度の末日の翌日から起算して5年を経過する日まで保存するものとする。

(返還)

第12条 市長は,偽りその他不正の手段により第8条の規定による支払いを受けた契約医療機関又は第10条の規定による償還払いを受けた対象者があったときは,既に支払った金額の全部又は一部を返還させることができる。

(補則)

第13条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この告示は,令和2年4月1日から施行する。

付 則(令和2年5月13日告示第125号)

(施行期日)

1 この告示中様式第1号及び様式第4号の改正規定は公布の日から,様式第2号の改正規定は令和2年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の様式第1号及び様式第4号の規定は,令和2年10月1日以後の定期予防接種に係る申請等について適用し,同日前の接種に係る申請等については,なお従前の例による。

付 則(令和2年8月18日告示第163号)

この告示は,公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

龍ケ崎市A類疾病予防接種事業実施要綱

令和2年2月27日 告示第23号

(令和2年10月1日施行)