○龍ケ崎市新型コロナウイルス感染症対応臨時休業に係る学校給食費相当額給付金支給事業実施要綱

令和2年4月23日

教育委員会告示第15号

(趣旨)

第1条 この要綱は,新型コロナウイルス感染症に対応した臨時休業(以下「臨時休業」という。)を実施した小中学校に在籍している児童生徒の保護者のうち,生活困窮により学校給食に代わる食事の提供が困難な者に対して龍ケ崎市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が行う給付金の支給に関し,必要な事項を定めるものとする。

(給付金の支給対象)

第2条 教育委員会は,次の各号のいずれかに該当する者(以下「支給対象者」という。)に対し,学校給食費に相当する額の給付金(以下「給付金」という。)を支給する。

(1) 龍ケ崎市就学援助事務取扱要綱(平成16年龍ケ崎市教育委員会告示第1号。以下「就学援助要綱」という。)第2条第2号に該当して認定を受けた保護者(以下「認定保護者」という。)で,令和2年3月分の援助費の支給を受けたもののうち,令和2年4月1日(以下「基準日」という。)において,小中学校(同条に規定する小中学校をいう。)に在籍している児童生徒の保護者

(2) 基準日以降に新たに認定保護者となった者

(給付金の支給額)

第3条 給付金の支給額は,臨時休業となった月1月当たり児童1人につき4,320円と,生徒1人につき4,731円とする。ただし,臨時休業の開始又は終了が月の途中となるときは,学校給食を提供した日1日当たり児童1人につき243円を,生徒1人につき266円を支給額から減額するものとする。

(支給の申請及び決定)

第4条 給付金の支給に関する申請及び決定については,就学援助要綱の規定による就学援助費の認定の申請及び決定をもって給付金の支給の申請及び決定とみなす。

2 前項の給付金の額は,毎月末,前条の規定により算出し,決定する。

(給付金の申請期限)

第5条 給付金の申請期限は,やむを得ない場合を除き,令和2年9月30日とする。

(給付金の支給対象期間)

第6条 給付金の支給対象期間は,令和2年4月分から令和2年9月分までとする。

(給付金の支給等)

第7条 教育委員会は,給付金を支給する場合は,第3条の規定により決定した支給額を,当該支給対象者の指定する金融機関の口座に振り込むものとする。ただし,各支給対象者への口座振込手続を行う時間的余裕がないと認めるときその他やむを得ない理由があるときは,校長を経由して支給するものとする。

2 前項ただし書の場合において,当該支給対象者は,委任状(様式第1号)を校長を経由して教育委員会に提出しなければならない。

3 前項の場合において,校長は,請求書(様式第2号)を教育委員会に提出し,教育委員会は,給付金を校長の指定する金融機関の口座に振り込むものとする。

4 前項の場合において,校長は,給付金を適正に管理するため,学校給食費相当額給付金受領書(様式第3号)を当該支給対象者から徴し,教育委員会へ提出しなければならない。

(決定の取下げ)

第8条 就学援助要綱第9条の規定により,認定保護者が就学援助認定取下げの申出を行ったときは,給付金の支給の決定の取下げの申出を行ったものとみなす。

(決定の取消し)

第9条 就学援助要綱第10条の規定により,就学援助の認定を取り消された支給対象者は,給付金の支給の決定を取り消されたものとみなす。

(受給権の譲渡又は担保の禁止)

第10条 支給対象者は,給付金の支給を受ける権利を他人に譲渡し,又は担保に供してはならない。

(補則)

第11条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は,教育委員会が別に定める。

付 則

この告示は,公布の日から施行する。

画像

画像

画像

龍ケ崎市新型コロナウイルス感染症対応臨時休業に係る学校給食費相当額給付金支給事業実施要綱

令和2年4月23日 教育委員会告示第15号

(令和2年4月23日施行)