○龍ケ崎市学校給食安定供給支援金支給要綱

令和2年9月24日

告示第192号

(趣旨)

第1条 この要綱は,新型コロナウイルス感染症対策として市が実施した龍ケ崎市立小学校及び中学校の臨時休業に伴う学校給食の休止により影響を受けた事業者を支援し,本市における学校給食の食材等の安定供給の確保を図るため,予算の範囲内において,龍ケ崎市学校給食安定供給支援金(以下「支援金」という。)を支給することについて,龍ケ崎市補助金等交付規則(平成15年龍ケ崎市規則第17号。以下「規則」という。)に定めるもののほか,必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において,次の各号に掲げる用語の意義は,それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 学校給食 学校給食法(昭和29年法律第160号)第3条第1項に規定する学校給食をいう。

(2) 新型コロナウイルス感染症 新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める等の政令(令和2年政令第11号)第1条に規定する新型コロナウイルス感染症をいう。

(3) 臨時休業 新型コロナウイルス感染症対策として,令和2年4月6日から同年6月5日までの間において,市が実施した学校保健安全法(昭和33年法律第56号)第20条の規定による学校の臨時休業をいう。

(4) 事業者 学校給食に係る食材等の納入を行う事業者をいう。

(支給対象者)

第3条 支援金の支給の対象となる者(以下「支給対象者」という。)は,支援金の支給の申請を行う時点において事業を行っており,今後も本市における学校給食の食材等の供給を継続する意思のある事業者であって,次の各号のいずれにも該当するものとする。

(1) 令和2年4月6日から同年6月5日までの間の1以上の月について,学校給食用の食材等の納入に関し,見積書を市に提出した者又は市と契約を締結した者

(2) 令和2年6月6日以後の1以上の月について,学校給食用の食材等の納入に関し,見積書を市に提出した者又は市と契約を締結した者

2 前項の規定にかかわらず,市と令和2年度の学校給食の食材等の納入に係る年間契約を締結している事業者は,支給対象者とする。

(支援金の額)

第4条 支援金の額は,1事業者当たり10万円とする。

(支給の申請及び請求)

第5条 支援金の支給を受けようとする者(以下「申請者」という。)は,龍ケ崎市学校給食安定供給支援金支給申請書兼請求書(様式第1号)を市長が別に定める日までに市長に提出しなければならない。

(支給の決定)

第6条 市長は,前条の規定による支援金の支給の申請があった場合は,その内容を審査し,速やかに支給の可否を決定し,龍ケ崎市学校給食安定供給支援金支給(不支給)決定通知書(様式第2号)により,申請者に通知するものとする。

2 市長は,前項の審査を行うに当たり必要と認めるときは,申請者に対して,当該申請の内容を確認するための書類の提出を求めることができる。

3 市長は,第1項の規定により支給の決定を行ったときは,速やかに支援金を支給するものとする。

(実績報告に関する特例)

第7条 規則第12条の規定にかかわらず,支援金の支給に係る実績報告は,省略するものとする。

(支給決定の取消し及び返還)

第8条 市長は,第6条の規定による支給の決定を受けた者が次の各号のいずれかに該当する場合は,支援金の支給の決定を取り消し,既に支給した支援金があるときは,その返還を求めることができる。

(1) 偽りその他不正の手段により支援金の支給を受けたとき。

(2) その他市長が不適当と認めるとき。

(補則)

第9条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

(施行期日)

1 この告示は,公布の日から施行する。

(告示の失効)

2 この告示は,令和3年3月31日限り,その効力を失う。

(失効後の経過措置)

3 この告示の失効の日以前に支援金の支給の決定を受けた者に係る第8条の規定は,同日後もなおその効力を有する。

画像

画像

龍ケ崎市学校給食安定供給支援金支給要綱

令和2年9月24日 告示第192号

(令和2年9月24日施行)