○三芳町災害見舞金支給条例

昭和52年3月17日

条例第9号

(目的)

第1条 この条例は、火災等の災害により死亡した町民の遺族又は災害により被害を受けた世帯の世帯主に対し、災害見舞金を支給し、もって町民の生活の安定と福祉の増進に寄与することを目的とする。

(用語の定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の定義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 災害 火災、風水害、地震、雷その他異常な自然現象によって生ずる被害をいう。

(2) 町民 災害により被害を受けた当時、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づき、三芳町の住民基本台帳に登録されていた者をいう。

(災害見舞金の支給)

第3条 町は、町民が災害により死亡したときは、その者の遺族に対し、災害見舞金を支給する。ただし、災害救助法(昭和22年法律第118号)の適用を受けたとき、又は三芳町災害弔慰金の支給等に関する条例(昭和49年三芳町条例第29号)第3条に規定する災害弔慰金の支給を受けたときは、この限りでない。

2 町は、町民が災害により負傷し、又は住宅が災害により被害を受けたときは、当該世帯に対し、災害見舞金を支給する。ただし、災害救助法の適用を受けたときは、この限りでない。

(災害見舞金の支給対象者の範囲及び順位)

第4条 災害見舞金の支給対象者の範囲及び順位は、それぞれ次の各号に定めるところによる。

(1) 世帯主

(2) 世帯主が死亡したときは、当該世帯主の配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻と同様の事情にあるものを含む。)

(3) 世帯主が死亡した場合において配偶者がいないときは、主として当該世帯主により生計を維持していた遺族を先にし、その他の遺族を後にし、その順位は、子、父母、孫、祖父母及び兄弟姉妹とする。

2 前項第3号の場合において、災害見舞金を受けるべき同順位の者が2人以上あるときは、その代表者とする。

(災害見舞金の額等)

第5条 災害見舞金の額は、災害による被害の種類及び程度に応じ、それぞれ次の各号に定めるところによる。

(1) 災害により死亡した者 1人当たり 100,000円

(2) 災害により療養を要する期間が3週間以上の負傷をした者 1人当たり 30,000円

(3) 災害により住宅が全壊(焼)した世帯 1世帯当たり 100,000円

(4) 災害により住宅が半壊(焼)した世帯 1世帯当たり 70,000円

(5) 前2号に該当する場合を除くほか、火災に伴う消火活動により水損の被害を受けた世帯で、町長が災害見舞金の支給を適当と認めた場合 1世帯当たり 50,000円

(6) 災害により住宅が床上浸水した世帯 1世帯当たり 50,000円

(7) 火災に伴う消火活動により、農作物等に被害が生じた場合において、当該被害が著しく、町長が災害見舞金の支給を適当と認めたとき。 1世帯当たり 30,000円

2 前項第3号第4号第5号又は第6号の規定に該当する場合において、当該住宅を所有者以外の者が使用していたときは、当該使用者に対しても同号に定めるところにより、災害見舞金を支給する。

3 1むねの建物に構造上区分された数個の部分で独立して住宅としての用途に供することができるものがあるときは、当該1むねの建物を1戸の住宅とみなす。ただし、独立した部分がそれぞれ個人所有であるとき、及び前項の規定を適用するときは、当該独立した部分を1戸の住宅とみなすものとする。

4 第1項第7号に該当する場合において、当該畑を所有者以外の者が使用していたときは、災害見舞金は、当該使用者に対して支給するものとする。

(支給の手続)

第6条 災害見舞金の支給を受けようとする者は、災害見舞金支給申請書に罹災証明書、住民票謄本及び死亡又は負傷の場合においては医師の診断書を添えて、町長に提出しなければならない。

2 前項の申請書の提出は、災害を受けた日から起算して15日以内に行わなければならない。ただし、町長が特別の事由があると認めたときは、この限りでない。

3 町長は、第1項の届出があったときは、その事由を確認し、支給の可否を決定しなければならない。

4 災害見舞金の支給は、前項の決定後速やかに行うものとする。

(支給決定の取消し)

第7条 町長は、災害見舞金の支給を決定した後において、次の各号のいずれかに該当する事由があると認めたときは、これを取消すものとする。

(1) 故意に支給の事由を生じさせたとき。

(2) 届出の内容に偽りがあったとき。

(災害見舞金の返還)

第8条 町長は、前条の規定により取消した災害見舞金が既に交付されているときは、その金額の全部又は一部の返還を命ずることができる。

(委任)

第9条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

1 この条例は、昭和52年4月1日から施行する。

2 天災等による被災者に対する災害見舞金に関する条例(昭和45年三芳町条例第27号)は廃止する。

3 この条例の施行の日の前日までに前項の条例を適用すべき事実が発生した場合においては、この条例の施行の日以後においても、なお従前の例による。

附 則(昭和55年条例第3号)

この条例は、昭和55年4月1日から施行する。

附 則(昭和63年条例第12号)

1 この条例は、昭和63年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の日前に発生した災害に対する災害見舞金の支給については、なお従前の例による。

附 則(昭和63年条例第18号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年条例第5号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

三芳町災害見舞金支給条例

昭和52年3月17日 条例第9号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
昭和52年3月17日 条例第9号
昭和55年3月13日 条例第3号
昭和63年3月18日 条例第12号
昭和63年6月1日 条例第18号
平成17年3月18日 条例第5号