○西都市地上デジタル放送送受信環境整備事業分担金徴収条例

平成20年10月2日

西都市条例第35号

(目的)

第1条 この条例は、市が実施する地上デジタル放送送受信環境整備事業に要する経費に充てるため、地方自治法(昭和22年法律第67号)第224条の規定により徴収する分担金について必要な事項を定めることを目的とする。

(分担金の納付義務者)

第2条 分担金は、地上デジタル放送送受信環境整備事業によって利益を受ける者から徴収する。

2 分担金の額は、別表に定めるとおりとする。

(分担金の納期)

第3条 分担金の納期は、市長が別に定める。

(分担金の徴収方法)

第4条 分担金は、別に定める納入通知書によりこれを徴収する。

(過料)

第5条 市長は、詐欺その他不正の行為により分担金の徴収を免れた者に対し、その徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは、5万円とする。)以下の過料を科する。

(委任)

第6条 この条例に定めるもののほか、分担金の徴収に関し必要な事項は、市長が別に定める。

この条例は、公布の日から施行する。

別表(第2条関係)

事業対象施設

分担金の額

銀鏡登内地区テレビ共同受信施設

1世帯当たり35,000円

西都市地上デジタル放送送受信環境整備事業分担金徴収条例

平成20年10月2日 条例第35号

(平成20年10月2日施行)

体系情報
第6編 務/第2章 契約・財産
沿革情報
平成20年10月2日 条例第35号