○西都市民会館条例施行規則

昭和63年3月31日

西都市規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は、西都市民会館条例(昭和63年西都市条例第3号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(利用者の守るべき事項)

第2条 利用者は、条例に定めるもののほか、次の事項を守らなければならない。

(1) 利用後の内外の整理、整とん等をすること。

(2) 備品、器具等の利用は、指定管理者の指示に従うこと。

(3) 利用を終了したときは、直ちに原状に復し、その旨を指定管理者に届け出ること。

(4) 会館の管理上必要と認めて行う指定管理者の指示に従うこと。

(一部改正〔平成20年規則6号〕)

(会館設備器具の利用料金)

第3条 条例第13条第3項に定める会館設備器具に係る利用料金は、別表に定める範囲内において定めるものとする。

(追加〔平成20年規則6号〕)

(利用料金の返還及び減免)

第4条 条例第14条ただし書の規定により返還される利用料金の額は、当該利用料金の額に、次の各号に掲げる区分に応じて、当該各号に定める割合を乗じて得た額とする。

(1) 条例第14条第1号及び第2号の理由によるとき 10割

(2) 条例第14条第3号に該当し、利用の取消しの申出が利用予定日10日前までにあったとき 8割

(3) 条例第14条第3号に該当し、利用の取消しの申出が利用予定日3日前までにあったとき 6割

(4) 市長が特に必要と認めるとき 市長が定める割合

2 条例第17条の規定により減額される利用料金の額は、当該利用料金の額に、次の各号に掲げる区分に応じて、当該各号に定める割合を乗じて得た額とする。

(1) 市内に住所を有する学校及び児童福祉施設が幼児、児童、生徒又は学生を対象に利用するとき 5割

(2) 市内に住所を有する芸術文化団体、社会教育団体及び社会福祉団体が利用するとき 4割

(3) 公共団体又は公共的団体が市と共催する行事に利用するとき 4割

(4) 市長が特に必要と認めるとき 市長が定める割合

3 指定管理者は、市が会館を利用する場合は、条例第17条の規定により利用料金を免除又は当該利用の目的その他の事情を勘案して市長が定める割合を減額する。

(追加〔平成20年規則6号〕、一部改正〔令和3年規則26号〕)

(委任)

第5条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

(一部改正〔平成20年規則6号〕)

この規則は、昭和63年4月1日から施行する。

(平成元年3月31日規則第9号)

この規則は、平成元年4月1日から施行し、同日前の使用の許可に係る使用料については、なお従前の例による。

(平成4年5月18日規則第18号)

この規則は、公布の日から施行し、平成4年5月1日から適用する。

(平成4年12月22日規則第29号)

この規則は、平成5年1月1日から施行する。

(平成6年3月30日規則第14号)

この規則は、平成6年4月1日から施行し、同日前の使用の許可に係る使用料については、なお従前の例による。

(平成16年3月25日規則第10号)

この規則は、平成16年4月1日から施行する。

(平成20年3月25日規則第6号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(適用区分)

2 改正後の西都市民会館条例施行規則は、西都市民会館条例第9条に基づく西都市民会館の管理に係る指定の日以後の西都市民会館の管理について適用する。

(平成26年3月20日規則第4号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

(平成26年12月19日規則第34号)

この規則は、公布の日から施行する。

(平成28年4月26日規則第21号)

この規則は、公布の日から施行する。

(令和元年9月27日規則第25号)

この規則は、令和元年10月1日から施行する。

(令和3年5月19日規則第26号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第3条関係)

(全部改正〔令和元年規則25号〕)

会館設備器具利用料金

区分

設備器具名

単位

金額(円)

備考

舞台関係

所作台

1台

330


化粧框

1台

160


開丁場

1台

330


平台

1台

160


開き足

1台

50


箱足

1台

50


ひな段用ケコミパネル

1枚

50


指揮者台

1台

330

譜面台付

演奏者用譜面台

1台

50


松羽目

一式

2,200


竹羽目

一式

2,200


金屏風

1双

1,650


花道用揚幕

一式

220


毛仙

1枚

110


長布団

1枚

110


地がすり

1枚

1,650


紗幕

1張

2,200


紅白幕

一対

1,100


浅黄幕

一対

1,100


振り落し装置

一式

220


人形立

1本

50


上敷ゴザ(長型)

1枚

160


上敷ゴザ(中型)

1枚

110


上敷ゴザ(短型)

1枚

50


脚立

1台

110


ローホリ隠しパネル

一式

330


演台

一式

550

花台、脇机付

司会者用テーブル

1台

220


格子戸

1台

550


音響関係

音響反射板

一式

4,400


カセット式テープレコーダー

1台

550


レコードプレーヤー

1台

1,100


音響ミキサー

1台

1,100


ステージスピーカー

1組

1,100


はね返りスピーカー

1組

1,100


コンデンサーマイク

1本

880


ダイナミックマイク

1本

550


ワイヤレスマイク

1本

880


エレベーターマイク装置

1基

770


スタンド

1本

110


CDプレイヤー

1台

550


照明関係

ボーダーライト

1列

770


アッパーホリゾントライト

1列

770


ロアーホリゾントライト

1列

770


フットライト

1列

330


センターピンスポットライト

1台

770


サスペンションスポットライト

1台

220


シーリングスポットライト

1台

160


ハイクオリティースポットライト

1台

330


スポットライト

1台

220


花道フットライト

1列

220


フロントサイドスポットライト

1台

220


効果用マシン

一式

770


ミラーボール

1台

550


照明用スタンド

1本

110


その他

映写機(16ミリ)

一式

3,300


スライド映写機

一式

1,100


プロジェクター

一式

3,300


オーバーヘッドプロジェクター

一式

550


スクリーン

1枚

550

スクリーンのみ利用のとき

OHP用スクリーン

1枚

330

スクリーンのみ利用のとき

スタインウェイフルコンサートピアノ

1台

5,500


ヤマハフルコンサートピアノ

1台

3,300


グランドピアノ

1台

1,100


展示パネル

1台

110


テレビ設備持込料

一式

11,000


音響設備持込料

一式

5,500


器具持込料

1kw

220


シャワー

1回

550


コンセント

1口

110


備考

1 利用料金は、1回当たりとする。

2 設備器具利用料金は、午前(午前9時から正午まで)、午後(午後1時から午後5時まで)、夜間(午後5時から午後10時まで)の利用区分をもってそれぞれ1回とし、全日(午前9時から午後10時まで)利用する場合は、3回として計算する。

3 舞台技術者を要する利用を行う日以外の日において、練習又は準備等を行う場合の利用料金は、当該利用料金の4割とする。

西都市民会館条例施行規則

昭和63年3月31日 規則第3号

(令和3年5月19日施行)

体系情報
第11編 育/第5章
沿革情報
昭和63年3月31日 規則第3号
平成元年3月31日 規則第9号
平成4年5月18日 規則第18号
平成4年12月22日 規則第29号
平成6年3月30日 規則第14号
平成16年3月25日 規則第10号
平成20年3月25日 規則第6号
平成26年3月20日 規則第4号
平成26年12月19日 規則第34号
平成28年4月26日 規則第21号
令和元年9月27日 規則第25号
令和3年5月19日 規則第26号