○西都市乳幼児すこやか健康管理事業補助金交付要綱

平成14年9月30日

西都市告示第96号

(趣旨)

第1条 市は、児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第39条に規定する業務を目的とする施設で、法第35条第4項の認可を受けていない市内に所在する民間の保育施設(事業所内保育施設を除く。以下「認可外保育施設」という。)の入所児童に対する定期的な健康診断の実施を推進し、入所児童の健康管理の一層の向上を図るため、予算で定めるところにより、西都市乳幼児すこやか健康管理事業補助金(以下「補助金」という。)を交付するものとし、その交付については、西都市補助金等の交付に関する規則(昭和42年西都市規則第8号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、この要綱に定めるところによる。

(補助対象施設)

第2条 補助金の交付対象となる認可外保育施設は、乳幼児すこやか健康管理事業実施要綱(平成14年4月1日宮崎県福祉保健部児童家庭課定め)に規定する対象施設で、当該施設に嘱託医を置き、入所児童に対し健康診断(内科検診を原則とし、学校保健安全法(昭和33年法律第56号)に規定する健康診断に準じて行うものをいう。以下同じ。)を年2回以上実施しようとする認可外保育施設(以下「補助対象施設」という。)とする。

(一部改正〔平成20年告示277号〕)

(補助対象経費及び補助金額)

第3条 市は、補助対象施設が当該施設に嘱託医を置き、入所児童に対して実施した健康診断に要する経費を補助するものとする。

2 前項の補助金額は、137,000円を上限とする。

(補助金の交付方法)

第4条 この補助金は、精算払により交付する。

(実績報告)

第5条 規則第14条第1項の規定による実績報告は、補助事業実績報告書に次の書類を添えて、事業の完了の日から起算して30日を経過した日又は補助金の交付決定のあった年度の翌年度の4月20日のいずれか早い期日までにしなければならない。

(1) 補助金精算調書

(2) 事業実績調書

(3) 収支決算書

この要綱は、公表の日から施行し、平成14年度の予算に係る西都市乳幼児すこやか健康管理事業補助金から適用する。

(平成20年告示第277号)

この告示は、平成21年4月1日から施行する。

西都市乳幼児すこやか健康管理事業補助金交付要綱

平成14年9月30日 告示第96号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第13編
沿革情報
平成14年9月30日 告示第96号
平成20年12月24日 告示第277号