○坂井市温泉事業条例施行規則

平成18年3月20日

規則第116号

(趣旨)

第1条 この規則は、坂井市温泉事業条例(平成18年坂井市条例第123号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(温泉供給許可申請)

第2条 条例第7条の規定による許可を受けようとする者は、温泉供給許可申請書(様式第1号)により指定管理者に申請するものとする。

2 指定管理者は、前項の申請を受理したときは、実態を調査し、供給能力の範囲内で供給を許可する。

(許可書の交付)

第3条 指定管理者は、受給者を決定したときは、温泉供給許可書(様式第2号)を交付するものとする。

(温泉供給期間)

第4条 供給期間は、1年とする。ただし、継続して使用する場合は、期間満了の1月前に申請するものとする。

(使用量の通知)

第5条 条例第11条の規定により使用量を計量したときは、計量により算定した月の使用量を、受給者に通知するものとする。

(料金の減免申請)

第6条 条例第13条の規定により減額又は免除を受けようとする者は、温泉料金減免申請書(様式第3号)により指定管理者に申請するものとする。

2 指定管理者は、前項の申請に対し減額又は免除を承認したときは、温泉供給料金減免決定通知書(様式第4号)を交付する。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の三国町温泉事業条例施行規則(平成7年三国町規則第6号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

3 次の各号に掲げる規定は、この規則の施行の日から指定管理者が業務を開始する日までの間は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 第2条第3条及び第6条の規定中「指定管理者」とあるのは「市長」とする。

(2) 様式第1号から様式第4号中「指定管理者」とあるのは「市長」とする。

画像

画像

画像

画像

坂井市温泉事業条例施行規則

平成18年3月20日 規則第116号

(平成18年3月20日施行)