○坂井市建設工事請負業者指名選考委員会内規

平成18年3月20日

訓令第28号

(設置)

第1条 市が発注する建設工事の請負業者については、市民に対し特に信頼が必要であり、また工事の施工に当たっては適正に履行し、誠実性が要求される。よって市が発注する工事等の請負業者の指名について、公正かつ優良な業者を選定し契約の適正な履行を図ることを目的にし、坂井市建設工事請負業者指名選考委員会(以下「選考委員会」という。)を設置する。

(用語)

第2条 この訓令において、「工事」とは、建設工事、土木工事並びにそれらの工事に関連した調査、測量及び設計を委託する業務をいう。

(所掌事務)

第3条 選考委員会は、工事請負契約に係る指名競争入札に参加させる業者の指名について審査し、及び決定する。

(委員)

第4条 選考委員会の委員は、副市長、総務部長、財務部長、財務部技監、建設部長及び当該工事等の主管部長をもって充てる。

2 部長職の委員の都合により出席できないときは、その委員の属する課長補佐相当職以上のものを委員に代わって出席させることができる。

(委員長)

第5条 選考委員会に委員長を置き、委員長は、副市長をもって充てる。

2 委員長は、選考委員会を統轄し、委員会を代表する。

(会議)

第6条 選考委員会の招集は、委員長が市長の承認を得て、招集するものとする。

2 委員長は、緊急を要し、又は特別の理由により選考委員会を開くことができないときは、委員に回議してこれに代えることができる。

(審議事項)

第7条 選考委員会は、次に掲げる事項を審議する。

(1) 市が発注する工事の業者指名の選考に関する事項

(2) 前号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認めた事項

(秘密の厳守)

第8条 選考委員会は、第1条の目的を達成するために公正にその任務を行い、審議は公開しないものとし、審議内容については秘密を厳守しなければならない。

(会務の決定)

第9条 選考委員会は、委員の過半数の出席をもって成立し、出席委員の全員一致で決定する。

(庶務)

第10条 選考委員会の庶務は、監理課において処理する。

(その他)

第11条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項については、市長が別に定める。

この訓令は、平成18年3月20日から施行する。

(平成19年3月26日訓令第7号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

(平成20年4月11日訓令第8号)

この訓令は、平成20年4月11日から施行する。

(平成22年4月1日訓令第6号)

この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

(平成28年4月1日訓令第5号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

坂井市建設工事請負業者指名選考委員会内規

平成18年3月20日 訓令第28号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第11編 設/第2章 土木・河川
沿革情報
平成18年3月20日 訓令第28号
平成19年3月26日 訓令第7号
平成20年4月11日 訓令第8号
平成22年4月1日 訓令第6号
平成28年4月1日 訓令第5号