○坂井市研修バス運行要綱

平成26年3月28日

訓令第2号

(趣旨)

第1条 この訓令は、坂井市が研修用として所有するバス(以下「研修バス」という。)の運行について、必要な事項を定めるものとする。

(職員の添乗)

第2条 研修バスに職員以外の者を乗車させる場合は、担当課の職員が添乗するものとする。研修バスに職員以外の者を乗車させる場合は、担当課の職員が添乗するものとする。

(運行範囲)

第3条 研修バスは、主に研修に使用するものとし、運行範囲は次の各号のとおりとする。

(1) 市が主催する行事(視察・会議・研修・調査等)に参加するために運行する場合

(2) 市が要請した各種行事に参加するために運行する場合

(3) 国、県又は公共的団体が主催する行事に参加するために運行する場合

(4) 条例、規則又は要綱により設置されている審議会、委員会等が調査活動等に運行する場合

(5) その他市長が特に必要と認める場合

(運行条件)

第4条 研修バスの運行に当たっては、次の各号の条件を満たさなければならない。

(1) 運行範囲は、原則として県内とするが、県外へ運行する場合には、目的地までの走行距離がおおむね100キロメートル以内であること。

(2) 乗車予定人員は10人以上37人以下であること。

(3) 宿泊を伴うものでないこと。

2 前項の規定にかかわらず、市長が特に必要と認める場合の運行については、この限りでない。

(運行申請)

第5条 研修バスを運行しようとする者は、運行の1月前までに研修バス運行申請書(様式第1号)を、監理課長に提出し、その承認を受けなければならない。

(運行の制限等)

第6条 次の各号に該当する場合は、研修バスの運行許可を取り消し、若しくは制限し、又は許可の内容を変更することができる。

(1) 運行経路の道路状況の悪化又は各種災害警報の発令等により、研修バスの運行に危険を及ぼすおそれがあるとき。

(2) 緊急かつ重要な用務に対応するため、研修バスを確保し運行しなければならない事態が生じたとき。

(3) 運行の目的又は条件に違反したとき。

(4) 車検又は保守点検期間中であるとき。

(5) その他運行が不可能となる事態が生じたとき。

(遵守事項)

第7条 研修バスに乗車する者は、次の各号の事項を遵守しなければならない。

(1) 安全運転を阻害するような行為をしないこと。

(2) 許可を受けた運行経路及び運行時間を厳守すること。

(3) 車内では喫煙及び飲食はしないこと。

(経費の負担)

第8条 研修バスの運行に係る有料道路料金、駐車場料金その他特別に必要な経費は、申請者の負担とする。

(その他必要な事項)

第9条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

この訓令は、平成26年4月1日から施行する。

(平成29年3月31日訓令第2号)

この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

画像

坂井市研修バス運行要綱

平成26年3月28日 訓令第2号

(平成29年4月1日施行)