○坂井市DV対策庁内連絡会議設置要綱

平成26年4月1日

訓令第8号

(設置)

第1条 配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律(平成13年法律第31号)第2条に基づき、坂井市がドメスティック・バイオレンス(配偶者等から受ける身体的、精神的、経済的又は言語的な暴力及び虐待をいう。以下「DV」という。)の防止並びにDV被害者の保護及び自立支援について、庁内組織が密接に連携をとり迅速かつ機動的に取り組むため、坂井市DV対策庁内連絡会議(以下「連絡会議」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 連絡会議は、次の事務を所掌する。

(1) DV対策に関して庁内組織間の連携及び情報の共有を図ること。

(2) DV対策に関係する機関、団体等と連携し、必要な情報の交換を行うこと。

(3) DV対策のための啓発及び研修に関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、DV対策に関し必要と認められること。

(組織)

第3条 連絡会議は、委員長及び委員をもって組織する。

2 委員長は、結婚応援課長をもって充てる。ただし、委員長に事故あるときは、あらかじめ委員長が指名する委員がその職務を代理する。

3 委員は、関係各課の長が指名する職員及び委員長が推薦する者をもって充てる。

(会議)

第4条 連絡会議の会議は、委員長が必要に応じて招集し、その議長となる。

2 委員が会議に出席できないときは、当該委員の指名する職員が代理出席できるものとする。

3 委員長が必要と認めるときは、関係者に対して会議への出席又は資料の提出を求め、意見又は説明を聴くことができる。

(庶務)

第5条 連絡会議の庶務は、結婚応援課において行う。

(その他)

第6条 この訓令に定めるもののほか、連絡会議の運営に関し必要な事項は、委員長が別に定める。

この訓令は、平成26年4月1日から施行する。

(平成28年4月1日訓令第8号)

この訓令は、公布の日から施行する。

(令和3年3月31日訓令第7号)

この訓令は、令和3年4月1日から施行する。

(令和5年3月24日訓令第4号)

この訓令は、令和5年4月1日から施行する。

坂井市DV対策庁内連絡会議設置要綱

平成26年4月1日 訓令第8号

(令和5年4月1日施行)

体系情報
第4編 行政通則/第1章
沿革情報
平成26年4月1日 訓令第8号
平成28年4月1日 訓令第8号
令和3年3月31日 訓令第7号
令和5年3月24日 訓令第4号