○坂井市地区体育館使用条例施行規則

平成27年3月26日

規則第4号

(趣旨)

第1条 この規則は、坂井市地区体育館使用条例(平成18年坂井市条例第155号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用者の範囲)

第2条 坂井市地区体育館(以下「地区体育館」という。)を使用しようとする者は、当該地区市民又は市内に勤務する者とする。ただし、使用に支障がないと認めたときは、この限りでない。

(開館時間)

第3条 地区体育館の開館時間は、午前8時30分から午後9時30分までとする。ただし、市長が必要と認めたときは、これを変更することができる。

(休館日)

第4条 地区体育館の休館日は、次に掲げるとおりとする。

(1) 毎月第3日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に定める休日

(3) 12月29日から翌年の1月3日までの日

2 前項の規定にかかわらず、市長は、必要があると認めるときは、同項に定める休館日に開館し、又は臨時に休館日を設けることができる。

(使用許可の申請等)

第5条 条例第4条の規定により体育館の使用許可を受けようとする者は、坂井市コミュニティセンター等使用許可申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 申請内容を変更しようとするときは、前項により行うものとする。

3 市長は、前2項の申請により、その使用を許可したときは、坂井市コミュニティセンター等使用許可書(様式第2号)を申請者に交付する。

(使用料の減免)

第6条 条例第9条の規定により、使用料の減額又は免除(以下「減免」という。)を受けようとするものは、坂井市コミュニティセンター等使用料減免申請書(様式第3号)を提出しなければならない。

2 前項の規定による申請があったときは、減免の可否を決定し、坂井市コミュニティセンター等使用料減免決定通知書(様式第4号)により通知するものとする。

3 使用料の減免の基準は、別表に定めるとおりとする。

4 減額後の使用料に10円未満の端数が生じたときは、これを切り上げる。

(使用料の還付)

第7条 条例第10条ただし書の規定により、使用料の全部又は一部を還付することができる場合は、次のとおりとする。

(1) 使用開始の前日までに使用の取消しを申し出たとき 全部

(2) 非常災害その他使用者の責めに帰することができない事由により使用できなくなったとき 全部

(3) その他市長が適当と認めたとき 全部又は一部

(遵守事項)

第8条 使用者は、次の事項を守らなければならない。

(1) 施設及び備品等を損傷し、又は汚損しないこと。

(2) 風紀、秩序を乱し他人に迷惑をかける行為をしないこと。

(3) 酒気を帯びて使用しないこと。

(4) 所定の場所以外で火気を使用し、又は喫煙しないこと。

(5) 許可を受けないで物品の販売その他商行為をしないこと。

(6) 許可を受けない印刷物、ポスター等を掲示し、又は配布しないこと。

(7) 特定の政治的活動又は宗教的活動をしないこと。

(8) 使用後は、清掃及び整とんをすること。

(9) その他管理上の指示に従うこと。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

(施行期日)

1 この規則は、平成27年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、坂井市地区体育館使用条例施行規則(平成18年坂井市教育委員会規則第36号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

(平成27年12月18日規則第28号)

(施行期日)

1 この規則中第1条の規定は平成28年4月1日から、第2条の規定は平成31年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の公布の日以後においては、この規則の施行の日前においても、同日以後の施設の使用について、この規則による改正後の坂井市地区体育館使用条例施行規則の規定の例により使用料を減免することができる。

別表(第6条関係)

区分

減免割合

① 市又は教育委員会が主催又は共催する行事等で使用する場合

免除

② 市内の幼児、小学生又は中学生で組織された団体が使用する場合

免除

③ 市又は教育委員会が後援又は協賛する行事等で使用する場合

50%

④ 市長が公益上特に必要であると認めた場合

50%以下

画像

画像

画像

画像

坂井市地区体育館使用条例施行規則

平成27年3月26日 規則第4号

(平成31年4月1日施行)