○坂井市中学校文化・スポーツ大会出場激励金交付要綱

平成25年10月25日

教育委員会告示第19号

(趣旨)

第1条 この告示は、市内の中学校の生徒(以下「生徒」という。)の文化・スポーツ活動を奨励し、技能の向上を図るために、文化・スポーツ大会に出場する生徒に対して交付する坂井市中学校文化・スポーツ大会出場激励金(以下「激励金」という。)について必要な事項を定める。

(交付対象大会)

第2条 激励金の交付の対象となる大会は、次の各号のいずれかとする。

(1) 北信越中学校体育連盟が主催する北信越地区総合体育大会

(2) 公益財団法人日本中学校体育連盟が主催する全国中学校体育大会

(3) 音楽コンクール等の文化活動において、文部科学省又は都道府県教育委員会が主催又は後援する北陸大会以上の大会

(4) 坂井市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が特に必要と認めた大会

(交付対象者)

第3条 交付の対象となる者(以下「交付対象者」という。)は、学校を代表して出場する生徒及び中学校で指導者として認定された外部指導者とする。

2 交付対象者の数(外部指導者を除く。)は、出場する各種競技の大会要項等に基づき登録した数とする。

(交付対象経費及び交付額)

第4条 激励金の額は、鉄道賃、船賃、航空賃、車賃及び宿泊料とする。

2 鉄道賃、船賃、航空賃及び車賃は、最も経済的で合理的な方法により、積算した額とする。

3 宿泊料は、1人当たり1万円を限度とする。ただし、教育委員会が認めたときは、実額に応じて交付することができる。

4 激励金の額は、福井県中学校体育連盟から補助がある場合には、前3項に定める方法により算定した額に10分の7を乗じて得た額を交付する。ただし、100円未満の端数が生じたときはこれを切り捨てる。

(交付申請)

第5条 交付対象者が在籍する学校長は、交付の対象となる大会への出場決定後速やかに、激励金交付申請書(様式第1号)に次に定める書類を添えて教育委員会に申請しなければならない。

(1) 大会出場計画書(様式第2号)

(2) 大会要項等の写し

(3) 参加申込書の写し

(結果報告)

第6条 交付対象者が在籍する学校長は、交付の対象となる大会終了後速やかに、大会出場結果報告書(様式第3号)に次に定める書類を添えて、教育委員会に報告しなければならない。

(1) 大会成績結果

(2) 大会出場部員等の名簿

(3) 交通費及び宿泊費の精算書

(交付)

第7条 教育委員会は、前条の報告があったときは、内容を審査し、適当と認めたときは、速やかに激励金を交付するものとする。

(返還)

第8条 教育委員会は、激励金の交付を受けた交付対象者又は交付申請及び結果報告をした学校長が次の各号のいずれかに該当したときは、当該激励金の全部又は一部を返還させることができる。

(1) 出場の決定報告及び結果の報告に虚偽、不正等があったとき。

(2) 市の信用を著しく傷つけたとき。

(3) その他激励金の目的に反すると認められたとき。

(その他)

第9条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

この告示は、平成25年11月1日から施行する。

(平成29年6月26日教委告示第13号)

この告示は、平成29年7月1日から施行する。

(令和4年8月23日教委告示第15号)

この告示は、公布の日から施行し、令和4年7月1日から適用する。

画像

画像

画像

坂井市中学校文化・スポーツ大会出場激励金交付要綱

平成25年10月25日 教育委員会告示第19号

(令和4年8月23日施行)

体系情報
第12編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成25年10月25日 教育委員会告示第19号
平成29年6月26日 教育委員会告示第13号
令和4年8月23日 教育委員会告示第15号