○坂井市音楽フェス実行委員会事業補助金交付要綱

令和3年3月30日

告示第82号

(趣旨)

第1条 この告示は、音楽フェスの開催により交流人口及び関係人口の増加を図るとともに、坂井市の認知度向上、地域への誇りの醸成及び地域経済の好循環の形成を目的として交付する坂井市音楽フェス実行委員会事業補助金(以下「補助金」という。)について、坂井市補助金等交付規則(平成18年坂井市規則第35号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助事業者)

第2条 補助金の対象となる事業者は、坂井市音楽フェス実行委員会とする。

(補助事業の経費の範囲)

第3条 補助の対象となる経費(以下「補助対象経費」という。)は、次の事業に要する経費とする。

(1) フェス設計、進捗管理及び監督事業

(2) 広報事業

(3) 会場設営及び撤去事業

(4) 出演候補者選定事業

(5) 著作権等許可申請事業

(6) 参加権販売事業

(7) 開催日の管理運営事業

(8) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める事業

(補助金の額)

第4条 補助金の額は、補助対象経費の10分の10以内とし、予算の範囲内とする。ただし、1,000円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てる。

(交付申請)

第5条 規則第5条第1項に規定する別に定める期日は、補助対象活動の開始日の14日前とする。

2 規則第5条第2項に規定する別に定める書類は、次のとおりとする。

(1) 事業実施計画書

(2) 収支予算書

(3) その他市長が必要と認める書類

(補助事業の変更)

第6条 規則第7条第1項第1号に規定する軽微な変更は、補助事業の計画の変更により減額される補助金等の額が交付決定を受けた補助金等の額の10パーセント未満の減額の場合で、補助の目的及び事業能率に影響を与えない場合とする。

(実績報告)

第7条 規則第15条に規定する別に定める期日は、補助対象活動が完了した日から30日を経過する日又は補助対象活動が完了した日の属する年度の3月31日のいずれか早い日とする。

2 規則第15条に規定する別に定める書類は、次に掲げるとおりとする。

(1) 事業実施報告書

(2) 収支決算書

(3) その他市長が必要と認める書類

(支払方法)

第8条 補助金の支払は、概算払とする。

(その他)

第9条 この告示に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

(施行期日)

1 この告示は、令和3年4月1日から施行する。

(失効)

2 この告示は、令和8年3月31日限り、その効力を失う。

坂井市音楽フェス実行委員会事業補助金交付要綱

令和3年3月30日 告示第82号

(令和3年4月1日施行)