○坂戸・鶴ヶ島消防組合規約

昭和47年10月1日

埼玉県指令地第851号

第1章 総則

(名称)

第1条 この組合は、坂戸・鶴ヶ島消防組合(以下「組合」という。)という。

(組織)

第2条 組合は、坂戸市及び鶴ヶ島市(以下「構成市」という。)をもって組織する。

(共同処理する事務)

第3条 組合は、次の各号に掲げる事務を共同処理する。

(1) 消防に関する事務

(2) 知事の権限に属する事務処理の特例に関する条例(平成11年埼玉県条例第61号)により、構成市が処理することとされた事務のうち、次に掲げるもの

 火薬類取締法(昭和25年法律第149号)及び火薬類取締法施行規則(昭和25年通商産業省令第88号)に基づく事務

 液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律(昭和42年法律第149号)に基づく事務

 高圧ガス保安法(昭和26年法律第204号)に基づく事務

(事務所の位置)

第4条 組合の事務所は、埼玉県坂戸市鎌倉町16番16号に置く。

第2章 議会

(議員の定数及び選挙の方法)

第5条 組合の議会の議員(以下「組合の議員」という。)の定数は8人とし、その選出区分は次のとおりとする。

(1) 坂戸市 5人

(2) 鶴ヶ島市 3人

2 前項の組合の議員は、構成市の議会においてその議会の議員のうちから選挙する。

(任期及び失職)

第6条 組合の議員の任期は、構成市の議会の議員の任期による。

2 補欠議員の任期は、前任者の残任期間とする。

3 組合の議員が、構成市の議会の議員でなくなったときは、同時にその職を失う。

(補欠選挙)

第7条 組合の議員が欠けたときは、直ちに補欠選挙を行わなければならない。

第3章 執行機関

(組織及び選任の方法)

第8条 組合に管理者及び副管理者を置く。

2 管理者及び副管理者は、構成市の長の協議により構成市の長のうちからこれを定める。

(任期)

第9条 管理者及び副管理者の任期は、構成市の長の職にある期間とする。

(職務)

第10条 管理者は、組合を統轄し、及び代表し、並びに組合の事務を管理し、及び執行する。

2 副管理者は、管理者を補佐し、管理者に事故があるとき又は欠けたときは、その職務を代理する。

(職員)

第11条 組合に会計管理者、消防吏員及びその他の職員を置く。

2 前項の職員の定数は、組合の条例でこれを定める。

(監査委員)

第12条 組合に監査委員2人を置く。

2 監査委員は、管理者が組合の議会の同意を得て、組合の議員及び識見を有する者のうちからそれぞれ1人を選任する。

3 監査委員の任期は、組合の議員のうちから選任された者については組合の議員の任期によるものとし、識見を有する者のうちから選任された者については、4年とする。ただし、組合の議員である監査委員が組合の議員でなくなったときは、同時にその職を失う。

第4章 経費

(経費)

第13条 組合の経費は、構成市の負担金及びその他の収入をもってこれに充てる。

2 前項の負担金の割合は、次のとおりとする。

(1) 平等割 10分の2

(2) 人口割 10分の8(この場合における基準人口は、前年の9月末日現在における住民基本台帳に記載された人口を用いるものとする。)

第5章 補則

(地方自治法の準用)

第14条 この規約に規定するもののほか、組合に関し必要な事項については、地方自治法(昭和22年法律第67号)中、市に関する規定を準用する。

附 則

1 この規約は、埼玉県知事の許可のあった日(昭和47年10月1日)から施行する。

2 第13条第2項の規定にかかわらず消防水利施設及び非常備消防に要する経費は、当分の間、当該組合町がそれぞれの地域に係るものについてその要する経費の全額を負担するものとする。

3 組合町が保有する第3条の事務に係る財産は、昭和48年4月1日から組合が継承する。

4 第4条の規定にかかわらず組合の事務所は、当分の間、坂戸町役場内に置くことができる。

5 この規約施行前に行われた組合町の議会における組合の議員の選挙は、この規約第5条の規定により行われたものとみなす。

6 第3条の規定にかかわらず消防組織法(昭和22年法律第226号)第15条の8の規定による非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する事務については、当分の間、当該組合町が行うものとする。

附 則(昭和49年2月15日指令地第1424号)

この規約は、埼玉県知事の許可のあった日(昭和49年2月15日)から施行する。

附 則(昭和49年11月7日指令地第966号)

この規約は、埼玉県知事の許可のあった日から施行する。

附 則(昭和50年11月6日指令地第895号)

この規約は、埼玉県知事の許可のあった日(昭和49年11月7日)から施行し、昭和50年9月1日から適用する。

附 則(昭和51年9月16日指令地第702号)

この規約は、埼玉県知事の許可のあった日(昭和50年11月6日)から施行する。

附 則(昭和56年8月1日指令地第569号)

この規約は、埼玉県知事の許可のあった日(昭和56年8月1日)から施行する。

附 則(平成3年11月8日指令地第1186号)

この規約は、埼玉県知事の許可のあった日から施行する。

附 則(平成13年2月15日指令まち第4005号)

この規約は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成14年2月5日指令まち第4009号)

この規約は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成19年4月1日指令市第2339号)

この規約は、埼玉県知事の許可のあった日から施行する。

附 則(平成20年4月1日指令市第2332号)

(施行期日)

1 この規約は、埼玉県知事の許可のあった日から施行する。

(経過措置)

2 この規約の施行の際現に在任する坂戸・鶴ヶ島消防組合の議員(以下「組合の議員」という。)は、変更後の第5条第1項の規定にかかわらず、その任期が満了するまでの間、引き続き組合の議員として在任するものとする。

3 前項の場合において、組合の議員の定数は、その時点における組合の議員の合計数とする。この場合において、組合の議員が欠けたときは、坂戸・鶴ヶ島消防組合規約第7条の規定は、適用しないものとする。ただし、変更後の第5条第1項各号に規定する選出区分による人数を下回る場合は、この限りでない。

附 則(平成29年10月23日指令地政第270号)

この規約は、埼玉県知事の許可のあった日から施行する。

坂戸・鶴ヶ島消防組合規約

昭和47年10月1日 県指令地第851号

(平成29年10月23日施行)

体系情報
第1編
沿革情報
昭和47年10月1日 県指令地第851号
昭和49年2月15日 指令地第1424号
昭和49年11月7日 指令地第966号
昭和50年11月6日 指令地第895号
昭和51年9月16日 指令地第702号
昭和56年8月1日 指令地第569号
平成3年11月8日 指令地第1186号
平成13年2月15日 指令まち第4005号
平成14年2月5日 指令まち第4009号
平成19年4月1日 指令市第2339号
平成20年4月1日 指令市第2332号
平成29年10月23日 指令地政第270号