○坂戸・鶴ヶ島消防組合消防職員立入検査証票に関する規程

平成23年3月29日

訓令第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、消防法(昭和23年法律第186号。以下「法」という。)第4条第2項(同法第16条の3の2第3項、第16条の5第3項及び第34条第2項において準用される場合を含む。)、火薬類取締法(昭和25年法律第149号)第43条第4項、高圧ガス保安法(昭和26年法律第204号)第62条第6項及び液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律(昭和42年法律第149号)第83条第8項に規定する立入りのための証票(以下「立入検査証」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(立入検査証)

第2条 立入検査証の様式は、様式第1号とする。

(立入検査証の交付)

第3条 立入検査証は、管理者が必要と認める消防職員(以下「職員」という。)に交付する。

(整理簿)

第4条 消防長は、立入検査証整理簿(様式第2号)により立入検査証の交付状況を明らかにしておかなければならない。

(取扱い)

第5条 職員は、交付された立入検査証を他人に貸与し、又は職務以外に使用してはならない。

(再交付)

第6条 職員が立入検査証を汚損、き損又は紛失したときは、立入検査証再交付申請書(様式第3号)により消防長に再交付を申し出なければならない。

(返納)

第7条 退職その他の事由により職員でなくなった者は、立入検査証を速やかに管理者に返納しなければならない。

(庶務)

第8条 立入検査証に関する事務は、消防本部予防課において処理する。

附 則

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

坂戸・鶴ヶ島消防組合消防職員立入検査証票に関する規程

平成23年3月29日 訓令第1号

(平成23年4月1日施行)