○/坂戸・鶴ヶ島消防組合/比企広域市町村圏組合/消防相互応援協定書

平成28年3月1日

締結

坂戸・鶴ヶ島消防組合(以下「甲」という。)と比企広域市町村圏組合(以下「乙」という。)は、災害時における相互の応援について、次のとおり協定を締結する。

(目的)

第1条 この協定は、消防組織法(昭和22年法律第226号)第39条の規定に基づき、災害の予防、鎮圧に万全を期し、あわせて住民の安全を図るため、甲及び乙相互の協力体制を確立することを目的とする。

(災害の範囲)

第2条 この協定において、災害とは、火災(大規模災害、特殊災害を含む。)及び救急事故(多数傷病者発生救急事故、水難事故及び長時間の活動を要する救助事故を含む。)で応援を要するものをいう。

(応援の種別)

第3条 この協定による応援の形態は、次により区分する。

(1) 普通応援

甲及び乙相互に隣接する行政区域で災害が発生した場合に、被応援側の要請を待たずに派遣するものをいう。

(2) 特別応援

甲又は乙の行政区域において災害が発生した場合に、被応援側の要請に基づいて派遣するものをいう。

(応援区域)

第4条 この協定に定める応援区域は、甲及び乙相互の行政区域とし、普通応援の出動区域は、別表1に定める。ただし、関越自動車道の普通応援の出動区域は、別表2に定める。

(応援要請の手続)

第5条 応援要請は、次の各号に掲げる事項を明らかにして、電話、その他の方法により、応援を要請するものとする。

(1) 災害の種別

(2) 必要とする資器材等の種別及び数量

(3) 必要とする職員の職種別人員及び応援の期間

(4) 応援場所及び応援場所への経路

(5) 前各号に掲げるもののほか、応援を必要とする事項

(応援隊等の派遣)

第6条 応援隊等の派遣は、自らの行政区域内の災害の対応に支障のない範囲において行うものとする。

(経費の負担)

第7条 応援に要した経費は、応援側の負担とする。

2 前項の規定により難い場合は、別途協議とする。

(災害補償)

第8条 第3条の規定により派遣された職員等に係る公務災害補償については、地方公務員災害補償法(昭和42年法律第121号)の定めるところによる。

(情報交換)

第9条 甲及び乙は、この協定に基づく応援が円滑に行われるよう必要に応じ、相互に情報交換を行うものとする。

(協議)

第10条 この協定の実施に際し必要な事項又はこの協定に定めのない事項については、その都度、甲及び乙が協議して定めるものとする。

(協定書の保有)

第11条 この協定の成立を証するため、本書2通を作成し、甲及び乙が記名押印の上、各1通を保有する。

附 則

1 この協定は、平成28年3月10日から施行する。

2 従前の坂戸・鶴ヶ島消防組合・比企広域市町村圏組合消防相互応援協定書(平成4年4月1日締結)は廃止する。

別表1(第4条関係)

隣接の普通応援区域

坂戸・鶴ヶ島消防組合

比企広域市町村圏組合

応援区域

出場部隊

応援区域

出場部隊

東松山市のうち


坂戸市のうち


大字高坂

坂戸・鶴ヶ島

大字東和田

比企広域消防本部

大字早俣

消防組合消防本部

大字新ヶ谷


大字正代


大字上吉田


元宿一丁目

坂戸市消防団

末広町

東松山消防団

大字西本宿

坂戸分団

芦山町

第5分団

大字岩殿の区域で県道「岩殿観音南戸守線」以南

坂戸市消防団

勝呂分団

伊豆ノ山町

東松山消防団

大字宮鼻


溝端町

第6分団

大字大黒部


薬師町


大字毛塚


大字坂戸の区域で「市道3240号線」の以北


大字田木


大字片柳


桜山台


大字島田


白山台


大字赤尾


松風台


大字石井の区域で県道「日高川島線」の以北


旗立台




別表2(第4条関係)

関越自動車道の普通応援区域

坂戸・鶴ヶ島消防組合

比企広域市町村圏組合

応援区域

出場部隊

応援区域

出場部隊

下り線鶴ヶ島ICから東松山IC間

坂戸・鶴ヶ島

消防組合消防本部

上り線東松山ICから坂戸西スマートIC間

比企広域消防本部

/坂戸・鶴ヶ島消防組合/比企広域市町村圏組合/消防相互応援協定書

平成28年3月1日 締結

(平成28年3月10日施行)