○/坂戸・鶴ヶ島消防組合/西入間広域消防組合/消防相互応援協定

昭和55年10月1日

締結

(目的)

第1条 この協定は、消防組織法(昭和22年法律第226号)第39条の規定により、坂戸・鶴ヶ島消防組合、西入間広域消防組合(以下「協定団体」という。)間の消防相互応援協定を締結し、火災、救急、その他特殊災害が発生した場合に、協定団体相互間の消防力を活用して、災害時における人的及び物的被害を最小限に防止することを目的とする。

(応援の種別及び区域)

第2条 消防相互応援は、普通応援及び特別応援とする。

(1) 普通応援とは、協定団体の境界附近において発生した火災、救急、その他の災害等を認知し、若しくは、受報した場合に別表に定める範囲内の消防隊または、救急隊が被応援地の要請をまたずして応援出場することをいう。

(2) 特別応援とは、前号に定める普通応援以上の応援を必要とする場合において、被応援地の要請により、前号の規定にかかわらず出場することをいう。

(応援要請の方法)

第3条 応援要請とは、口頭により次の事項を連絡し行なうものとする。

(1) 火災、救急、その他災害の種別、発生場所及び規模

(2) 出場要請部隊

(3) 進入道路、誘導員の配置場所

(4) 指揮本部の場所及び連絡方法

(特別応援部隊の編成)

第4条 特別応援部隊の編成については、応援地の裁量による。

(指揮)

第5条 応援部隊の指揮は、被応援地の現場最高指揮者(以下「最高指揮者」という。)が行うものとする。ただし、普通応援にあって当該応援部隊が単独で応援活動を行うときは、応援部隊の長が行うものとする。

(連絡)

第6条 応援部隊の長は、現場到着および引揚時、ならびに消防活動状況等を最高指揮者に連絡しなければならない。

2 前条ただし書に定める単独で応援活動を行なったときは、終了後すみやかに応援活動の状況を被応援地の消防長又は消防署長に連絡するものとする。

(経費の負担)

第7条 応援活動にかかる人的及び物的損害に対する負担並びに旅費、手当は応援した側の負担とする。使用した車両の積載消耗品(消火薬剤を除く。)の負担も同様とする。ただし、応援活動を継続するに必要な消耗品並びに応援活動に消費した消火薬剤の補給については、被応援地において行なうものとする。

2 前項の規定にかかわらず応援した側に事故等で特別の損害を生じた場合は、被応援地と協議して経費を分担することができる。

(資料の交換)

第8条 協定団体の長は、毎年4月1日現在の消防力の状況を別に定める様式により交換するものとする。

(協定の改正等)

第9条 この協定を改正する必要が生じた場合及びこの協定に定める事項以外の事項については、協定団体の長が協議決定するものとする。

(発効)

第10条 この協定は、昭和55年10月1日から実施する。

附 則

従前の坂戸・鶴ヶ島消防組合、毛呂山・鳩山消防組合消防相互応援協定は、本協定の実施と同時に廃止する。

附 則(平成3年9月30日締結)

1 この協定は、平成3年10月1日から施行する。

2 本協定の成立を証するため、協定書2通を作成し、協定団体記名押印のうえ、各1通を保有するものとする。

附 則(平成22年5月1日締結)

この協定は、平成22年5月1日から効力が生じる。

別表(第2条関係)

坂戸・鶴ヶ島消防組合側の応援区域

西入間広域消防組合側の応援区域

応援区域

出場部隊

応援区域

出場部隊

(毛呂山町)

大字苦林、大字大類、大字川角(玉林寺)、大字西大久保、大字市場、大字下川原、大字旭台、南台一丁目~五丁目、大字葛貫

(鳩山町)

大字今宿、大字赤沼、大字石坂、鳩ヶ丘一丁目~五丁目、楓ヶ丘一丁目~四丁目、松ヶ丘一丁目~四丁目

坂戸・鶴ヶ島消防組合消防署

消防ポンプ車 1台

救急車 1台

(坂戸市)

西坂戸一丁目~五丁目、けやき台、大字多和目、大字四日市場、大字森戸、大字萱方、大字厚川、大字欠ノ上、大字成願寺、大字北峰、大字善能寺、大字小山、大字堀込、にっさい花みず木一丁目~八丁目、大字竹之内、大字長岡、大字北浅羽、大字今西、大字金田、大字沢木

西入間広域消防組合消防署

消防ポンプ車 1台

救急車 1台

坂戸市消防団

大家分団

入西分団

1台

毛呂山消防団

第2分団

第4分団

第5分団

鳩山消防団

第2分団

第3分団

1台

/坂戸・鶴ヶ島消防組合/西入間広域消防組合/消防相互応援協定

昭和55年10月1日 締結

(平成22年5月1日施行)