○関越自動車道・首都圏中央連絡自動車道における消防相互応援協定書

平成18年1月1日

締結

第1条 関越自動車道及び首都圏中央連絡自動車道(以下「圏央道」という。)における消防相互応援は、消防組織法(昭和22年法律第226号)第39条及び関越自動車道埼玉県消防連絡協議会(以下「協議会」という。)規約第1条を基本とし、この協定の定めるところによる。

第2条 この協定は、火災又は救急救助事故等の災害発生の際、協議会会員消防(局)本部の消防力を活用して、災害による被害を最小限度に防止することを目的とする。

第3条 消防業務分担区域は次のとおりとする。

(1) 関越自動車道の新座料金所から藤岡ジャンクション間における、協議会会員消防(局)本部の消防業務分担区域(以下「分担区域」という。)は、別表1―1のとおりとする。

(2) 圏央道の青梅インターから白岡菖蒲インター間における、協議会会員消防(局)本部の分担区域は、別表1―2のとおりとする。

第4条 消防相互応援の方法は、次のとおりとする。

(1) 救急救助出場

 担当する分担区域(以下「担当分担区域」という。)に発生した救急救助事故を受報又は覚知した場合は、担当分担区域に出場するものとする。

 分担区域を担当する消防(局)本部の消防(局)長の要請があった場合は、応援側の業務に支障がないと認める範囲内において救急隊又は救助隊若しくは消防隊が出場するものとする。

 応援出場は、別表2―1、2の応援隊出場体制表を基準とし、事故の規模に応じて、他の消防(局)本部の応援を求めることができるものとする。

(2) 火災出場

担当分担区域に発生した火災を受報又は覚知した場合は、担当分担区域に出場するものとし、応援を要請する場合は前号イ及びに準じるものとする。

ただし、火災原因調査については管轄消防(局)本部が行うため、分担区域を担当する消防(局)本部は管轄消防(局)本部に出場を要請するものとする。

(3) 特別応援

分担区域において、大規模な火災又は交通事故等が発生し応援を必要とする場合は、前2号にかかわらず分担区域を担当する消防(局)本部の消防(局)長の要請又は応援側の状況判断により応援するものとする。この場合における応援隊等については、その都度応援側において決定するものとする。

第5条 応援出場隊は、すべて現場の分担区域を担当する消防(局)本部の最高指揮者(以下「最高指揮者」という。)の指揮に従うものとする。

第6条 応援出場隊の長は、消防活動について速やかに最高指揮者に報告するものとする。

第7条 消防相互応援を求める場合の連絡先は、別表3のとおりとする。

第8条 応援に要する経費は、法令その他に別段の定めがある場合のほか、次により負担するものとする。

(1) 応援のために要した経常経費は、応援側の負担とする。ただし消防用資機材等で分担区域を担当する消防(局)本部の要請により調達し、又は立て替えしたものについては、分担区域を担当する消防(局)本部が現物により又はその経費を負担する。

(2) 応援側の消防隊等が長時間にわたり活動し、燃料、消防用資機材等の補給、給食等を必要とする場合は、分担区域を担当する消防(局)本部が現物により又はその経費を負担するものとする。

(3) 応援側の消防職員等が応援業務により負傷し、疾病にかかり、死亡又は廃疾となった場合における消防賞じゅつ金の授与又は災害補償は、応援側の負担とする。

(4) 応援側の消防職員等が応援業務遂行中第三者に損害を与えた場合は、被応援側がその賠償の責めに任ずる。ただし、当該消防職員等に重大なる過失があった場合又は災害地への出場若しくは帰路途上において発生したものについてはこの限りでない。

2 前項に定める経費の負担について特に必要がある場合は、その都度当事者間で協議のうえ決定するものとする。

第9条 この協定に定めのない事項で必要があるときは、その都度協議の上決定し、相互の円滑なる運用を図るものとする。

附 則

この協定は平成18年1月1日から施行する。

附 則(平成19年2月1日)

この協定は平成19年2月1日から施行する。

附 則(平成21年4月1日)

この協定は平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年5月18日)

この協定は平成22年6月1日から施行する。

附 則(平成25年4月1日)

この協定は平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成28年4月1日)

この協定は平成28年4月1日から施行する。

別表1―1(第3条関係)

消防業務分担区域【関越自動車道】

消防(局)本部名

担当分担区域

埼玉県南西部

所沢インターから新座料金所までの上り線

埼玉西部

所沢インターから川越インターまでの下り線(三芳パーキングエリアを除く)

入間東部地区

上り三芳パーキングエリア及び下り三芳パーキングエリア

川越地区

川越インターから鶴ヶ島ジャンクションまでの下り線及び川越インターから所沢インターまでの上り線(三芳パーキングエリアを除く)

坂戸・鶴ヶ島

鶴ヶ島ジャンクションから東松山インターまでの下り線及び坂戸西スマートインターから川越インターまでの上り線

比企広域

東松山インターから花園インターまでの下り線及び嵐山小川インターから坂戸西スマートインターまでの上り線

深谷市

花園インターから本庄児玉インターまでの下り線及び花園インターから嵐山小川インターまでの上り線

児玉郡市

本庄児玉インターから藤岡ジャンクションまでの下り線及び上里スマートインターから花園インターまでの上り線

備考

1 担当分担区域における各区域の終点となるインターは、本線と合流する地点までをいう。

2 関越道と圏央道が交差する鶴ヶ島ジャンクションのランプ部分は、川越地区、坂戸・鶴ヶ島の消防応援協定に基づくものとする。

※ 別紙(鶴ヶ島JCT詳細図)参照。

3 三芳パーキングエリアを除く各サービスエリア、パーキングエリアは、本線上に含まれるものとする。

別表1―2(第3条関係)

消防業務分担区域【圏央道】

消防(局)本部名

担当分担区域

川越地区

川島インターから坂戸インターまでの内回り線及び川島インターから桶川北本インターまでの外回り線

坂戸・鶴ヶ島

圏央鶴ヶ島インターから川島インターまでの外回り線及び坂戸インターから狭山日高インターまでの内回り線

埼玉西部

入間インターから圏央鶴ヶ島インターまでの外回り線及び狭山日高インターから青梅インターまでの内回り線

埼玉県央広域

桶川加納インターから川島インターまでの内回り線及び桶川北本インターから白岡菖蒲インターまでの外回り線

備考

1 担当分担区域における各区域の終点となるインターは、本線と合流する地点までをいう。

2 関越道と圏央道が交差する鶴ヶ島ジャンクションのランプ部分は、川越地区、坂戸・鶴ヶ島の消防応援協定に基づくものとする。

※ 別紙(鶴ヶ島JCT詳細図)参照。

3 パーキングエリアは、本線上に含まれるものとする。

別表2―1(第4条関係)

応援隊出場体制表【関越自動車道】

1 下り線

所沢―川越

川越―鶴ヶ島JCT

分担区域隊 埼玉西部

分担区域隊 川越地区

第1応援隊

埼玉県南西部

入間東部地区

川越地区

第1応援隊

埼玉西部

坂戸・鶴ヶ島

入間東部地区

第2応援隊

坂戸・鶴ヶ島

比企広域

第2応援隊

比企広域

埼玉県南西部

鶴ヶ島JCT―鶴ヶ島

鶴ヶ島―東松山

分担区域隊 坂戸・鶴ヶ島

分担区域隊 坂戸・鶴ヶ島

第1応援隊

川越地区

埼玉西部

入間東部地区

第1応援隊

川越地区

埼玉西部

比企広域

第2応援隊

比企広域

埼玉県南西部

第2応援隊

埼玉県央広域

埼玉県南西部

東松山―花園

花園―本庄児玉

分担区域隊 比企広域

分担区域隊 深谷市

第1応援隊

坂戸・鶴ヶ島

深谷市

川越地区

第1応援隊

比企広域

児玉郡市

坂戸鶴ヶ島

第2応援隊

児玉郡市

埼玉西部

第2応援隊

川越地区

埼玉西部

本庄児玉―藤岡JCT


分担区域隊 児玉郡市


第1応援隊

深谷市

比企広域

坂戸・鶴ヶ島


第2応援隊

川越地区

埼玉西部

2 上り線

上里SI―花園

花園―嵐山小川

分担区域隊 児玉郡市

分担区域隊 深谷市

第1応援隊

深谷市

比企広域

坂戸・鶴ヶ島

第1応援隊

比企広域

児玉郡市

坂戸・鶴ヶ島

第2応援隊

川越地区

埼玉西部

第2応援隊

川越地区

埼玉西部

嵐山小川―坂戸西SI

坂戸西SI―川越

分担区域隊 比企広域

分担区域隊 坂戸・鶴ヶ島

第1応援隊

坂戸・鶴ヶ島

深谷市

児玉郡市

第1応援隊

川越地区

比企広域

埼玉西部

第2応援隊

川越地区

埼玉西部

第2応援隊

埼玉県央広域

入間東部地区

川越―所沢

所沢―新座料金所

分担区域隊 川越地区

分担区域隊 埼玉県南西部

第1応援隊

埼玉西部

入間東部地区

坂戸・鶴ヶ島

第1応援隊

埼玉西部

入間東部地区

川越地区

第2応援隊

埼玉県南西部

比企広域

第2応援隊

坂戸・鶴ヶ島

比企広域

別表2―2(第4条関係)

応援隊出場体制表【圏央道】

1 内回り

桶川加納―川島

川島―坂戸

分担区域隊 埼玉県央広域

分担区域隊 川越地区

第1応援隊

川越地区

坂戸・鶴ヶ島

比企広域

第1応援隊

坂戸・鶴ヶ島

埼玉県央広域

比企広域

第2応援隊

埼玉西部

入間東部地区

第2応援隊

埼玉西部

入間東部地区

坂戸―狭山日高

狭山日高―青梅

分担区域隊 坂戸・鶴ヶ島

分担区域隊 埼玉西部

第1応援隊

川越地区

埼玉西部

埼玉県央広域

第1応援隊

坂戸・鶴ヶ島

川越地区

比企広域

第2応援隊

比企広域

入間東部地区

第2応援隊

埼玉県央広域

入間東部地区

2 外回り

入間―圏央鶴ヶ島

圏央鶴ヶ島―川島

分担区域隊 埼玉西部

分担区域隊 坂戸・鶴ヶ島

第1応援隊

坂戸・鶴ヶ島

川越地区

比企広域

第1応援隊

埼玉西部

川越地区

比企広域

第2応援隊

入間東部地区

埼玉県央広域

第2応援隊

入間東部地区

埼玉県央広域

川島―桶川北本

桶川北本―白岡菖蒲

分担区域隊 川越地区

分担区域隊 埼玉県央広域

第1応援隊

埼玉県央広域

坂戸・鶴ヶ島

比企広域

第1応援隊

川越地区

坂戸・鶴ヶ島

比企広域

第2応援隊

埼玉西部

入間東部地区

第2応援隊

埼玉西部

入間東部地区

3 鶴ヶ島JCT(ランプ部分)

関越道下り線入り口―圏央道

関越道上り線入口

圏央道全線入口

関越道全線出口

圏央道全線出口

D.Hランプ

(Bランプからの合流地点まで)

A.B.C.E.F.Gランプ

分担区域隊 川越地区

分担区域隊 坂戸・鶴ヶ島

第1応援隊

埼玉西部

坂戸・鶴ヶ島

埼玉県南西部

第1応援隊

川越地区

埼玉西部

比企広域

第2応援隊

入間東部地区

比企広域

第2応援隊

埼玉県南西部

入間東部地区

備考:鶴ヶ島JCTランプ部分の出場については、川越地区と坂戸・鶴ヶ島の消防相互応援協定に基づくもの。(別紙の鶴ヶ島JCT詳細図を参照)

別表3(第7条関係)

関越自動車道埼玉県消防連絡協議会連絡網(災害対応用)

消防関係機関等

専用電話番号

一般加入電話番号

埼玉県南西部消防本部

3057

048(460)0123

埼玉西部消防局

2416

04(2929)9119

入間東部地区消防組合消防本部


049(261)6031

川越地区消防局

2577

049(222)0700

坂戸・鶴ヶ島消防組合消防本部

2557

049(281)3495

比企広域消防本部

2597

0493(23)2266

深谷市消防本部

2048

048(571)0119

児玉郡市広域消防本部

2038

0495(24)1119

埼玉県央広域消防本部

2037

048(597)3710

埼玉県危機管理防災部

消防防災課


048(830)8171

休日・夜間 048(830)8111

東日本高速道路株式会社

所沢管理事務所

2438

04(2944)4112

東日本高速道路株式会社

高崎管理事務所

2258

027(353)0215

東日本高速道路株式会社

加須管理事務所

7627

048(061)2224

埼玉県警高速隊所沢分駐隊

(担当区域・練馬~鶴ヶ島JCT)

2418

04(2944)3740

埼玉県警高速隊花園分駐隊

(担当区域・鶴ヶ島JCT以北)

2047

048(584)1099

埼玉県警高速隊桶川分駐隊

(担当区域・青梅~茨城県境)

2873

048(729)1283

道路管制センター

6125

048(758)4065

埼玉県防災航空隊


049(297)7810

別紙

画像

関越自動車道・首都圏中央連絡自動車道における消防相互応援協定書

平成18年1月1日 締結

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第7編 務/第4章 相互応援協定
沿革情報
平成18年1月1日 締結
平成19年2月1日 種別なし
平成21年4月1日 種別なし
平成22年5月18日 種別なし
平成25年4月1日 種別なし
平成28年4月1日 種別なし