○寒川町公用車広告掲載要領

平成20年4月1日

(趣旨)

第1条 この要領は、寒川町広告掲載要綱(以下「要綱」という。)第10条の規定に基づき、要綱に定めのあるもののほか、要綱第2条に規定する資産である公用車に広告を掲載することについて、必要な事項を定めるものとする。

(広告のデザイン等)

第2条 車両に掲載できる広告の色彩、意匠その他デザイン等は、寒川町広告掲載要綱第3条及び寒川町広告掲載基準の規定に準じ、かつ、次の各号のいずれにも該当しないものとする。

(1) 道路交通上の安全を阻害する恐れがあるもの

(2) 車両運行上の支障となるもの

(3) 地色が信号機、道路標識等の公用を妨げるおそれのあるもの

(4) 景観との調和をそこなうもの

(5) 周囲の運転者の誤解を招き、又は注意力を散漫とさせるおそれのあるもの

(広告の掲載方法等)

第3条 車両への広告掲載の方法は、広告の内容を表示した特種フィルム等によるものとし、車体本体に直接表示する方法によることはできない。

2 前項の特種フィルム等の素材は、広告掲載期間中における車体からの剥離又は広告撤去の際に車体の塗装の剥離を生じさせないものとする。

(広告の規格等)

第4条 広告の規格、掲載期間及び掲載料金、掲載位置については、すべての公用車について次のとおりとする。

掲載車両

最大規格(cm) 縦×横

掲載期間

掲載料金(1台につき)

公用車

60×70

3ヶ月

(連続して最大12ヶ月まで)

左右両面 1,000円/月

(広告の募集)

第5条 広告の募集は、広報さむかわ、寒川町ホームページ等を使用して行うものとする。

(広告掲載の申込手続等)

第6条 車両への広告掲載を申し込もうとする者(以下「申込者」という。)は、寒川町公用車広告掲載申込書(第1号様式)に、次に掲げる書類(申込者が広告代理業を行う者であるときは、当該申込者に係る第1号及び第3号に掲げる書類並びに当該申込者に申込みの代理を依頼した者に係る次に掲げる書類)及び掲載しようとする広告の案を添付して町長に提出しなければならない。

(1) 会社の事業内容、活動歴等がわかる書類

(2) 資格、免許等を必要とする業種については、資格証又は免許証の写し等の書類

(3) 法人にあっては納期限の到来している直近の、個人にあっては当該年度の市町村民税の納税証明書又は領収書の写し

2 町長は、前項の申込書等が提出されたときは、内容を速やかに審査してその適否を決定し、広告を掲載するときはその旨を、広告を掲載しないときはその旨及び理由を寒川町公用車広告掲載決定通知書(第2号様式)により当該申込者に通知するものとする。

3 前項の規定により広告掲載の承諾を受けた申込者(以下「広告主」という。)は、速やかに神奈川県屋外広告物条例(昭和24年条例第62号)第2条第1項による屋外広告物の表示許可を受け、当該許可を受けたことを証する書類を町へ提示しなければならない。

4 第2項に規定する許可を受けた広告主は、町長と公用車広告掲載に係る契約を締結するものとする。

(広告内容の修正等)

第7条 町長は、前条第2項に規定する広告案の審査の結果、当該審査に係る広告に修正すべき箇所があるときは、その修正を申込者に求めることができる。

(広告掲載料の納入)

第8条 広告主は、町長が指定する期日までに、町が発行する納入通知書により広告掲載料を一括して町に納入しなければならない。

(掲載の停止)

第9条 町長は、業務上の支障、その他特に必要があると認められるときは、広告主と協議の上、一時的に広告を不可視の状態にすることができる。この場合において、広告掲載料の還付又は補償は行わない。

(費用負担等)

第10条 広告の作成費用及び車両への掲載費用又は掲載期間の終了若しくは掲載の必要が無くなった場合の車両からの撤去費用については、広告主が負担するものとする。

2 広告の撤去作業等により車体塗装の剥離が生じた場合は、広告主が現状に復するものとする。

3 町長は、広告主が前2項の義務を履行しない場合は、自ら当該広告を撤去し、又は現状復帰し、広告主からその費用を徴収することができる。

4 広告掲載期間中に町の責めにおいて広告の破損等が生じた場合は、町が、広告を現状に復し、又はその損害を賠償するものとする。

(広告掲載の取消し)

第11条 町長は、次の各号に該当するときは、第6条第2項の広告掲載の決定を取り消すことができる。

(1) 広告主(当該広告主に申込みの代理を依頼した者を含む。)及び広告の内容が、寒川町広告掲載要綱寒川町広告掲載基準又はこの要領の規定に違反することとなったとき。

(2) 第8条の期日までに広告掲載料を一括して納入しなかったとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、この要領の規定に違反したとき。

(既納の広告掲載料の不還付)

第12条 既納の広告掲載料は還付しない。ただし、町の都合により広告を掲載することができなくなったときは、その全部または一部を還付することができる。

2 前項ただし書の規定による掲載料の還付を受けようとする者は、寒川町公用車広告掲載料還付請求書(第3号様式)に寒川町公用車広告掲載等決定通知書を添えて町長に請求しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 その要領は、平成20年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 第5条の規定による広告の募集、第6条の規定による広告掲載の申込み及び決定、第8条の規定による広告掲載料の納付は、この要領の施行日前においても、行うことができる。

附 則(平成25年4月1日)

この要領は、平成25年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

寒川町公用車広告掲載要領

平成20年4月1日 種別なし

(平成25年4月1日施行)