○瀬戸内市地域ふれあい広場条例

平成16年11月1日

条例第17号

(設置)

第1条 市民が身近な生活拠点としての地域におけるふれあいを通じて、郷土愛を育み、活力ある地域社会を形成するため、地域ふれあい広場を設置する。

(名称及び位置)

第2条 地域ふれあい広場の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

瀬戸内市地域ふれあい広場

瀬戸内市邑久町尾張680番地2

(管理責任者)

第3条 瀬戸内市地域ふれあい広場(以下「広場」という。)の管理責任者は、市長とする。

(事業)

第4条 広場において、第1条の目的達成のため次の事業を行う。

(1) レクリエーション等に関する行事

(2) 市民相互が交流し、ふれあいを深める事業

(3) 前2号に掲げるもののほか、目的達成に必要な活動

(利用の制限)

第5条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、広場の利用を認めない。

(1) その利用が広場の設置の目的に反するとき。

(2) その利用が公序又は良俗を害するおそれがあるとき。

(3) その利用が広場を破損するおそれがあるとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、広場の管理運営上支障があると認められるとき。

(委任)

第6条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この条例は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成18年3月31日条例第33号)

この条例は、公布の日から施行する。

瀬戸内市地域ふれあい広場条例

平成16年11月1日 条例第17号

(平成18年3月31日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第6章 長/第6節 地域振興
沿革情報
平成16年11月1日 条例第17号
平成18年3月31日 条例第33号