○瀬戸内市監査委員処務規程

平成16年12月24日

監査委員訓令第1号

(趣旨)

第1条 この訓令は、瀬戸内市監査委員の行う監査(検査及び審査を含む。以下同じ。)の円滑な運営を図るため、必要な事項を定めるものとする。

(代表監査委員の職務)

第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第199条の3第1項の規定による代表監査委員の職務は、次のとおりとする。

(1) 事務局長その他の職員(以下「職員」という。)の任免その他人事に関すること。

(2) 職員の旅行命令及び休暇の承認に関すること。

(3) 監査、検査及び審査(以下「監査等」という。)の日程作成並びに執行通知に関すること。

(4) 監査請求代表者証明書の交付に関すること。

(5) 予算請求書の提出に関すること。

(6) 前各号に掲げるもののほか、庶務に関すること。

(監査委員の協議)

第3条 監査委員相互の連絡調整を図るため、次の事項は、監査委員の協議により決定する。

(1) 監査等の基本方針に関すること。

(2) 監査等の実施計画に関すること。

(3) 監査等の結果の報告、通知及び公表に関すること。

(4) 訓令等の制定及び改廃に関すること。

(5) 意見書の提出に関すること。

(6) 市議会の要求に基づく監査に関すること。

(7) 出納検査に関すること。

(8) 指定金融機関等の監査に関すること。

(9) 会計管理者及び水道事業管理者並びに病院事業管理者が行う指定金融機関等の検査結果の報告を求めること。

(10) 市議会から送付された請願の処理に関すること。

(11) 前各号に掲げるもののほか、法令で定めるもの及び重要な事項に関すること。

(その他)

第4条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、監査委員が別に定める。

附 則

この訓令は、平成16年12月24日から施行する。

附 則(平成19年3月22日監査委訓令第1号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

瀬戸内市監査委員処務規程

平成16年12月24日 監査委員訓令第1号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第2章 監査委員
沿革情報
平成16年12月24日 監査委員訓令第1号
平成19年3月22日 監査委員訓令第1号