○瀬戸内市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例

平成16年11月1日

条例第41号

(報酬)

第1条 特別職の職員で非常勤のもの(議会の議員及び消防団の団員を除く。以下「特別職の職員」という。)の報酬は、別表のとおりとする。

(費用弁償)

第2条 特別職の職員が委員会等に出席したとき、又は公務のため旅行したときは、費用弁償として旅費を支給する。

2 前項の規定により支給する費用弁償の額は、別表のとおりとする。ただし、委員会等に出席したときの旅費は、日当のみとする。

(支給方法)

第3条 日額による報酬は、勤務の都度支給する。ただし、勤務の都度支給することについて支障のある場合は、別に定める方法により支給することができる。

2 月額による報酬は、毎月21日にその月分を支給する。

3 年額による報酬は、3月末日までに支給する。

4 前2項の規定にかかわらず、それぞれの支給日が休日、日曜日又は土曜日に当たるときは、その日前においてその日に最も近い休日、日曜日又は土曜日でない日に繰り上げて支給することができるものとし、また月又は年度の中途において退職し、失職し、若しくは死亡したときは、その都度支給する。

第4条 月額による報酬を受ける者が就任し、又は退職し、失職し、若しくは死亡したときは、それぞれその月分の全額を支給する。ただし、任期満了による退職後法令により引き続き職務を執行した者に対しては、その間支給する。

2 月額による報酬を受ける者が退職し、又は失職した月に再び就任したときは、前項の規定にかかわらず、就任に伴うその月分の報酬は、支給しない。

第5条 年額による報酬を受ける者が年度の中途において就任し、又は退職し、失職し、若しくは死亡したときの報酬額は、月額計算による。

第6条 旅費の支給方法については、瀬戸内市職員等の旅費に関する条例(平成16年瀬戸内市条例第47号)の例による。

(委任)

第7条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この条例は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成17年3月29日条例第19号)

(施行期日)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成17年7月1日条例第27号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年10月5日条例第38号)

この条例は、平成17年11月1日から施行する。

附 則(平成18年3月31日条例第16号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年12月25日条例第75号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月24日条例第4号)

(施行期日)

1 この条例は、平成20年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の瀬戸内市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例、瀬戸内市証人等の実費弁償に関する条例、瀬戸内市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例及び瀬戸内市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後に出発する旅行及び施行日前に出発し、かつ、施行日以後に完了する旅行のうち施行日以後の期間に対応する分について適用し、当該旅行のうち施行日前の期間に対応する分及び施行日前に完了した旅行については、なお従前の例による。

附 則(平成20年6月25日条例第37号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年12月26日条例第50号)

(施行期日)

1 この条例は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成21年12月18日条例第28号)

(施行期日)

1 この条例は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月25日条例第8号)

(施行期日)

1 この条例は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年6月27日条例第22号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成23年9月28日条例第24号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年3月23日条例第10号)

(施行期日)

1 この条例は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成25年9月27日条例第40号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年12月20日条例第49号)

この条例は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成27年3月23日条例第6号)

(施行期日)

1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日から地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第76号)附則第2条第3項に規定する任期が満了するまでの間は、別表教育委員会の委員長の項を削る改正規定による改正前の瀬戸内市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の規定は、なおその効力を有する。

附 則(平成27年7月7日条例第30号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年3月23日条例第7号)

この条例は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月22日条例第3号)

(施行期日)

1 この条例は、規則で定める日から施行する。ただし、第15条から第22条まで及び附則第2項の規定は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月22日条例第16号)

(施行期日)

1 この条例は、平成29年11月1日から施行する。

附 則(平成29年7月11日条例第25号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年9月29日条例第27号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成30年3月20日条例第2号)

この条例は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第1条、第2条関係)

 

報酬

旅費

鉄道賃及び船賃

航空賃

車賃

日当(1日につき)

宿泊料(1夜につき)

監査委員

月額

識見者 75,000円

議会選出 35,000円

瀬戸内市職員等の旅費に関する条例の規定に基づき職員が支給を受ける額に相当する額

実費額

実費額又は1キロメートルにつき 37円

県外 2,100円

県内(瀬戸内市内を除く) 1,600円

県外 12,000円

県内 10,000円

教育委員会の委員

月額 27,000円

農業委員会の会長

月額 30,000円

農業委員会の会長代理

月額 26,000円

農業委員会の委員

月額 25,000円

農地利用最適化推進委員

月額 25,000円

選挙管理委員会の委員長

年額 110,000円

選挙管理委員会の委員

年額 90,000円

固定資産評価審査委員会の委員

日額 6,000円

固定資産評価員

日額 6,000円

固定資産評価補助員

日額 6,000円

国民健康保険運営協議会委員

年額 29,500円

公民館運営審議会の委員

日額 6,000円

消防委員会の委員

日額 6,000円

選挙長

1回につき 11,500円

投票管理者

1回につき 13,500円

開票管理者

1回につき 11,500円

投票所の投票立会人

1回につき 11,000円

開票又は選挙立会人

1回につき 9,000円

期日前投票所の投票管理者

1回につき 11,900円

期日前投票所の投票立会人

1回につき 9,400円

青少年問題協議会の委員

日額 6,000円

文化財保護委員

日額 6,000円

防災会議委員

日額 6,000円

国民保護協議会委員

日額 6,000円

瀬戸内市空家等対策協議会委員

日額 6,000円

特別職報酬等審議会の委員

日額 6,000円

行政委員

年額

均等割 12,000円

世帯割 700円×世帯数

土木委員

年額

均等割 12,000円

世帯割 300円×世帯数

環境衛生委員

年額

均等割 7,000円

世帯割 300円×世帯数

民生委員推薦会の委員

日額 6,000円

愛育委員

年額

会長 25,000円

副会長 22,000円

幹事 18,000円

委員 12,000円

栄養委員

年額

会長 23,000円

副会長 20,000円

幹事 16,000円

委員 10,000円

健康づくり推進協議会委員

日額 6,000円

次世代育成支援対策推進協議会委員

日額 6,000円

消防賞じゅつ金等審査委員会の委員

日額 6,000円

社会教育指導員

月額 150,000円

瀬戸内市開発審議会の委員

日額 6,000円

奨学生選考委員

日額 6,000円

予防接種健康被害調査委員会委員

日額 6,000円

社会教育委員

日額 6,000円

農業振興地域整備促進協議会委員

日額 6,000円

水防協議会委員

日額 6,000円

スポーツ推進委員

日額 6,000円

老人ホーム入所判定委員

日額 6,000円

介護認定審査会委員

日額 12,000円

介護保険介護相談員

日額 6,000円

介護保険事業計画等策定委員会委員

日額 6,000円

地域密着型サービス運営委員会委員

日額 6,000円

地域包括支援センター運営協議会委員

日額 6,000円

介護予防評価委員

日額 10,000円

障害程度審査会委員

日額 12,000円

美和会館運営審議会委員

日額 6,000円

博物館協議会委員

日額 6,000円

学校給食調理場運営委員会委員

日額 6,000円

就学指導委員会委員

日額 6,000円

通学区域等検討委員会委員

日額 6,000円

瀬戸内市自治基本条例審議会の委員

日額 6,000円

瀬戸内市総合計画審議会の委員

日額 6,000円

瀬戸内市総合保健福祉計画策定委員会委員

日額 6,000円

情報公開及び個人情報保護審査会委員

日額 6,000円

行政不服審査会の委員及び専門委員

日額 6,000円

名誉市民選考審議会の委員

日額 6,000円

瀬戸内市立病院運営審議会委員

日額 6,000円

瀬戸内市立診療所運営審議会委員

日額 6,000円

瀬戸内市立病院検討委員会委員

日額 6,000円

瀬戸内市立診療所検討委員会委員

日額 6,000円

瀬戸内市スポーツ推進審議会委員

日額 6,000円

瀬戸内市行政改革推進委員会委員

日額 6,000円

瀬戸内市男女共同参画推進審議会委員

日額 6,000円

瀬戸内市環境審議会委員

日額 6,000円

下水道事業審議会委員

日額 6,000円

水道事業審議会委員

日額 6,000円

景観審議会委員

日額 6,000円

図書館協議会委員

日額 6,000円

美術館協議会委員

日額 6,000円

政治倫理審査会委員

日額 6,000円

市税徴収嘱託員

月額 200,000円

地域おこし協力隊員

月額 166,000円

集落支援員

月額 166,000円

移住推進員

月額 200,000円

外国青年招致事業国際交流員

月額 330,000円以内

介護認定調査員

月額 319,200円以内






瀬戸内市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例

平成16年11月1日 条例第41号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第5編 与/第1章 報酬・費用弁償
沿革情報
平成16年11月1日 条例第41号
平成17年3月29日 条例第19号
平成17年7月1日 条例第27号
平成17年10月5日 条例第38号
平成18年3月31日 条例第16号
平成18年12月25日 条例第75号
平成20年3月24日 条例第4号
平成20年6月25日 条例第37号
平成20年12月26日 条例第50号
平成21年12月18日 条例第28号
平成22年3月25日 条例第8号
平成23年6月27日 条例第22号
平成23年9月28日 条例第24号
平成24年3月23日 条例第10号
平成25年9月27日 条例第40号
平成25年12月20日 条例第49号
平成27年3月23日 条例第6号
平成27年7月7日 条例第30号
平成28年3月23日 条例第7号
平成29年3月22日 条例第3号
平成29年3月22日 条例第16号
平成29年7月11日 条例第25号
平成29年9月29日 条例第27号
平成30年3月20日 条例第2号