○瀬戸内市保健福祉センター条例

平成16年11月1日

条例第99号

(設置)

第1条 地域に密着した健康づくりの推進と福祉サービスの充実、ゆとりと生きがいの促進と活力あるまちづくりの実現を図ることを目的とし、瀬戸内市保健福祉センター(以下「センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

瀬戸内市保健福祉センターゆめトピア長船

瀬戸内市長船町土師277番地4

(事業)

第3条 第1条の目的を達成するためにセンターにおいて次の事業を行う。

(1) 健康づくり推進事業等に関すること。

(2) 子育て支援事業に関すること。

(3) 社会福祉事業に関すること。

(4) 障害福祉事業に関すること。

(5) 高齢福祉事業に関すること。

(6) 前各号に掲げるもののほか、必要な事項

(休館日)

第4条 センターの休館日は、次のとおりとする。

(1) 毎週月曜日(その日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「休日」という。)に当たるときは、その翌日)

(2) 12月28日から翌年1月4日までの間

2 前項の規定にかかわらず、市長が特に必要と認めたときは、開館し、又は休館することができる。

(利用時間及び期間)

第5条 センターの利用時間は、午前9時から午後9時までとする。ただし、利用許可者がいない場合は、午後5時をもって閉館する。

2 専用して利用するときは、引き続き3日を超えて利用することができない。

3 別表第1の利用時間区分には、準備、後片付け等利用に必要な一切の時間を含むものとする。

4 市長は、特に必要があると認めたときは、臨時に前3項の利用時間及び期間を変更することができる。

(利用の許可)

第6条 センターを利用しようとする者は、あらかじめ市長に申請し、その許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも、同様とする。

2 市長は、前項の許可に施設の管理運営上必要な条件を付し、又は必要な指示をすることができる。

(利用の不許可)

第7条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、利用を許可しない。

(1) その利用が公の秩序又は善良な風俗を害するおそれがあるとき。

(2) その利用がセンターの施設又は附属設備等を損傷し、又は滅失するおそれがあるとき。

(3) 前2号に掲げる場合のほか、センターの管理上支障があるとき。

(目的外利用の禁止)

第8条 利用者は、利用目的以外に利用し、転貸し、又はその利用の権利をほかに譲渡してはならない。

(特別設備等の設置)

第9条 利用者は、センターの利用に当たって特別の設備をし、又は備付け器具以外の器具を搬入し、利用しようとするときは、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

2 市長は、センターの管理上必要があると認めるときは、利用者の負担において、特別な設備をさせることができる。

(許可の取消し等)

第10条 市長は、第6条第1項に規定する利用許可を受けた者(以下「利用者」という。)次の各号のいずれかに該当するときは、利用許可の条件を変更し、若しくは利用を禁止し、又は利用許可を取り消すことができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則若しくは利用許可の条件に違反したとき。

(2) 偽りその他不正な手段により利用許可を受けたとき。

(3) 第7条各号のいずれかに該当することとなったとき。

(使用料)

第11条 利用者は、別表第1に掲げる基本使用料及び割増額を合算した額の使用料を納付しなければならない。ただし、規則で定める事由に該当するときは、これを減額し、又は免除することができる。

2 前項の使用料は、納期限内に納めなければならない。

3 別表第1に掲げる施設に附属する音響機器、照明機器、映像機器及び舞台設備等を利用しようとする者は、別表第2に掲げる使用料を利用後直ちに納めなければならない。

(使用料の還付)

第12条 既納の使用料は、還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 災害その他利用者の責めに帰すことができない理由によるとき。

(2) 市長が相当の事由があると認めたとき。

(原状回復の義務)

第13条 利用者は、その利用が終わったときは、直ちに利用者の責任において、これを原状に回復しなければならない。

2 前項の規定は、第10条の規定により許可を取り消された場合にも準用する。

3 前2項の義務を履行しないときは、市が利用者に代わってこれを行い、その費用は利用者の負担とする。

(損害賠償)

第14条 利用者は、建物及び附属設備を汚損し、又は破損し、若しくは滅失したときは、市の定めるところによりその損害を賠償しなければならない。

(入場の制限)

第15条 市長は、次の各号のいずれかに該当する者に対して、センターへの入場を拒絶し、又はセンターからの退場を命ずることができる。

(1) 感染症の疫病にかかっている者と認められる者

(2) 他人に危害を及ぼし、又は迷惑をかけるおそれのある物品等を携行する者

(3) めいてい等により他人に危害を及ぼし、又は迷惑をかけるおそれのある者

(4) 公の秩序又は善良な風俗を害するおそれのある者

(5) 前各号に掲げるもののほか、センターの管理上支障がある者

(免責)

第16条 この条例及び規則による処分あるいは施設の利用中に利用者に損害を生じることがあっても、市は、その責めを負わない。

(委任)

第17条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の長船町保健福祉センター設置条例(平成9年長船町条例第15号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年3月23日条例第2号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。ただし、第3条及び第4条の規定は、地方自治法の一部を改正する法律(平成18年法律第53号)中第238条の4の改正規定の施行の日又はこの条例の公布の日のいずれか遅い日から施行する。

附 則(平成20年3月24日条例第26号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月24日条例第10号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成25年3月22日条例第12号)

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月20日条例第52号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月22日条例第13号)

この条例は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月20日条例第4号)

この条例は、平成31年4月1日から施行する。

別表第1(第5条、第11条関係)

瀬戸内市保健福祉センターゆめトピア長船

1 基本使用料

(単位:円)

利用時間区分

利用場所

施設使用料(1時間当たり)

冷暖房使用料(1時間当たり)

昼間

夜間

午前9時から午後5時まで

午後5時から午後9時まで

夢いっぱいホール(大ホール、舞台、客席、ホワイエ及び控室含む。)

平日(休日を除く月曜日から金曜日まで)

2,600

3,400

5,000

土曜日、日曜日及び休日

3,000

4,000

リフレッシュスタジオ(小ホール)

全日

1,000

1,300

1,000

たんぽぽ夢工房

全日

500

700

500

キッチンスタジオ

全日

700

900

700

和室

全日

1,200

1,600

1,200

研修室(1室につき)

全日

400

500

400

健康スタジオ

全日

1,200

1,600

1,200

備考

1 使用料は、1時間単位の利用時間により算定する。

2 第5条第4項の規定による臨時の使用に係る施設使用料は、夜間の施設使用料に1.4を乗じて得た額とする。

2 使用料の割増し

(1) 入場料等の割増し

利用者が入場料又はこれに類するもの(以下「入場料等」という。)を徴収するときは、次のア又はイに掲げる区分によりそれぞれア又はイに定める額の使用料の割増しをする。

ア 入場料等の最高額が1,001円以上3,000円以下の場合 施設使用料の額の20パーセント

イ 入場料等の最高額が3,001円以上の場合 施設使用料の額の40パーセント

(2) 営業割増

利用者が営業の宣伝その他これに類する目的をもって入場させる場合は、施設使用料の額の100パーセントを割り増しする。

(3) 市外居住者割増

利用者が市内に住所を有する者並びに市内に事務所及び事業所を有する者以外の者である場合は、施設使用料の額の10パーセントを割り増しする。

別表第2(第11条関係)

附属設備及び備品の使用料

(単位:円)

分類

種類又は品名

単位

使用料

6時間まで

12時間まで

舞台関係設備及び備品

(大ホール)

音響反射板

1式

3,000

6,000

平台

1台

300

600

開き足

1台

150

300

箱足

1台

150

300

ひな壇ケコミ

1枚

150

300

金屏風

1双

3,000

6,000

緋毛仙

1枚

300

600

演台

1台

900

1,800

花台

1台

300

600

司会者台

1台

600

1,200

指揮者台

1台

300

600

指揮者用譜面台

1台

300

600

演奏者用譜面台

1台

150

300

めくり台

1台

150

300

吊りバトン

1本

750

1,500

スクリーン

1枚

3,000

6,000

映像関係設備及び備品

(大ホール)

プロジェクター

1台

1,500

3,000

ビデオデッキ

1台

1,500

3,000

DVDプレーヤー

1台

1,500

3,000

楽器

(大ホール)

グランドピアノ

1台

4,500

9,000

楽器

(小ホール)

グランドピアノ

1台

3,000

6,000

音響関係設備及び備品

(大ホール)

音響調整卓

1式

1,500

3,000

はね返りスピーカー

1式

3,000

6,000

モニタースピーカー

1式

3,000

6,000

マイク

1本

600

1,200

マイクスタンド

1本

300

600

照明関係設備及び備品

(大ホール)

調光装置

1式

1,500

3,000

ボーダーライト

1列

600

1,200

アッパーホリゾントライト

1列

1,200

2,400

ロアーホリゾントライト

1列

1,200

2,400

センターピンスポットライト

1台

900

1,800

シーリングライト

1列

900

1,800

サスペンションライト

2列

1,800

3,600

フロントサイドライト

1式

900

1,800

コンセント

1個

150

300

備考 使用料は、使用日ごとに算定する。

瀬戸内市保健福祉センター条例

平成16年11月1日 条例第99号

(平成31年4月1日施行)