○瀬戸内市延長保育事業実施要綱

平成16年11月1日

告示第20号

(目的)

第1条 この告示は、保護者の就労形態の多様化、通勤時間の増加等に伴う通常の保育時間延長に対する需要に対応するため、延長保育事業を実施し、もって児童の福祉の増進を図ることを目的とする。

(事業の委託)

第2条 この事業は、次の各号に該当する施設で福祉事務所長が適当と認めるものに委託することができる。

(1) 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第39条に規定する保育所であること。

(2) 事業の実施に必要な設備を有すること。

(対象児童)

第3条 この事業は、保護者の勤務時間及び通勤時間等を考慮し、福祉事務所長がやむを得ない事情のため保育時間の延長が必要となる児童(以下「対象児童」という。)を対象に実施するものとする。

(事業内容)

第4条 この事業を実施する保育所は、別表第1に定める区分に応じた延長保育時間により延長保育を行う。

2 この事業を実施する保育所は、対象児童に対し間食を給与する。

3 この事業を適切かつ円滑に実施するため、実施内容等を勘案し、必要な職員配置を行うものとする。

(利用の申込み)

第5条 この事業を利用しようとする保護者は、延長保育事業利用(変更)申込書(様式第1号。以下「利用(変更)申込書」という。)を福祉事務所長に提出しなければならない。

(利用の決定等)

第6条 福祉事務所長は、前条の利用(変更)申込書を受理したときは、これを審査し、利用の諾否を決定し、利用を承諾するときは延長保育事業利用(変更)承諾書(様式第2号。以下「利用(変更)承諾書」という。)により、利用を承諾しないときは延長保育事業利用不承諾通知書(様式第3号)により保護者に通知するものとする。

(費用の徴収)

第7条 保護者は、事業の実施に必要な経費の一部として、対象児童1人につき別表第2に定める区分に応じた額を負担するものとする。ただし、瀬戸内市保育所における利用者負担額徴収規則(平成16年瀬戸内市規則第67号)別表に定める利用者負担額表の第1階層に属する世帯は、0円とする。

(届出義務)

第8条 この事業を利用する保護者は、次の各号のいずれかに該当するときは、利用(変更)申込書により速やかに福祉事務所長に届け出なければならない。

(1) 保育を受ける必要がなくなったとき。

(2) 申込みの理由に変更が生じたとき。

2 福祉事務所長は、前項の規定による届出があったときは、利用(変更)承諾書を保護者に通知するものとする。

(事業利用の取消し)

第9条 福祉事務所長は、事業を利用する保護者が次の各号のいずれかに該当するときは、事業の利用を取り消すことができる。

(1) 虚偽の申込みその他不正な手段により事業利用の承諾を受けたとき。

(2) 前条に定める届出義務を怠ったとき。

(委託料)

第10条 福祉事務所長は、委託した保育所に対し、予算の定める範囲内の委託料を委託契約の定めるところにより支払うものとする。

(実績報告)

第11条 実施保育所は、委託期間が満了したときは、報告書を速やかに福祉事務所長に提出しなければならない。

(その他)

第12条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成17年3月31日告示第13号)

この告示は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月13日告示第11号)

この告示は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月20日告示第12号)

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月18日告示第10号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

別表第1(第4条関係)

区分

延長保育時間

公立保育所

保育標準時間

午後6時30分から午後7時まで

保育短時間

午前7時30分から午前8時30分まで

午後4時30分から午後7時まで

私立保育所

保育標準時間

午後6時から午後7時まで

保育短時間

午前7時から午前8時30分まで

午後4時30分から午後7時まで

別表第2(第7条関係)

区分

負担金

公立保育所

午前7時30分から午前8時30分までの時間

30分までごとに50円

午後4時30分から午後6時30分までの時間

午後6時30分から午後7時までの時間

30分までごとに100円

私立保育所

午前7時から午前8時30分までの時間

30分までごとに50円

午後4時30分から午後6時までの時間

午後6時から午後7時までの時間

30分までごとに100円

画像

画像

画像

瀬戸内市延長保育事業実施要綱

平成16年11月1日 告示第20号

(平成28年4月1日施行)