○瀬戸内市介護保険条例施行規則

平成16年11月1日

規則第97号

(趣旨)

第1条 この規則は、瀬戸内市介護保険条例(平成16年瀬戸内市条例第122号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(減額賦課に係る保険料率)

第2条 条例第4条第2項の所得の少ない第1号被保険者は、同条第1項第1号に該当する者とする。

2 条例第4条第2項の減額賦課に係る保険料率は、年額33,400円とする。

(保険料の徴収猶予の申請)

第3条 条例第11条の規定による保険料の徴収猶予の申請書は、介護保険料徴収猶予・減免申請書(様式第1号)によらなければならない。

(保険料の減免の申請)

第4条 条例第12条の規定による保険料の減免の申請書は、介護保険料徴収猶予・減免申請書(様式第1号)によらなければならない。

(保険料に関する申告等)

第5条 条例第13条の規定による保険料の申告書は、介護保険料申告(修正申告)(様式第2号)によらなければならない。

2 前項の規定により提出した申告書を修正する必要が生じた場合は、介護保険料申告(修正申告)書を提出しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、解散前の邑久広域連合介護保険条例施行規則(平成13年邑久広域連合規則第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成27年4月9日規則第27号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後の第2条の規定は、平成27年度分の保険料から適用し、平成26年度分までの保険料については、適用しない。

附 則(平成27年12月25日規則第42号)

この規則は、平成28年1月1日から施行する。

附 則(平成30年3月20日規則第8号)

(施行期日)

1 この規則は、平成30年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後の第2条の規定は、平成30年度分の保険料から適用し、平成29年度分までの保険料については、適用しない。

画像

画像

瀬戸内市介護保険条例施行規則

平成16年11月1日 規則第97号

(平成30年4月1日施行)