○瀬戸内市営火葬場条例施行規則

平成16年11月1日

規則第110号

(趣旨)

第1条 この規則は、瀬戸内市営火葬場条例(平成16年瀬戸内市条例第129号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用許可の申請)

第2条 条例第3条の規定により、瀬戸内市営火葬場(以下「火葬場」という。)を利用しようとする者は、火葬場利用許可申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、条例第3条第2項第3号及び第4号の場合により許可を受けた者は、火葬場利用許可申請書(死胎・肢体の一部分用)(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

(利用の許可)

第3条 市長は、前条第1項の火葬場利用許可申請書の提出があった場合において、利用を許可すべきものと認めるときは、火葬場利用許可証(様式第3号)を交付するものとする。

2 市長は、前条第2項の火葬場利用許可申請書の提出があった場合において、利用を許可すべきものと認めるときは、火葬場利用許可証(死胎・肢体の一部分用)(様式第4号)を交付するものとする。

(火葬場の利用)

第4条 火葬場利用許可証の交付を受けた者は、火葬場を利用するときは、火葬場利用許可証に墓地、埋葬等に関する法律(昭和23年法律第48号)第8条に規定する火葬許可証を添えて提出しなければならない。ただし、肢体の一部分を焼却するために火葬場を利用するときは、この限りでない。

(開場時間)

第5条 火葬場の開場時間は、午前10時から午後5時30分までとする。ただし、市長が特に必要あると認める場合は、開場時間を延長し、又は短縮することができる。

(遵守事項)

第6条 利用者は、火葬場を利用するときは、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 火葬場の施設若しくは器財器具を損傷し、又はそのおそれのある行為をしないこと。

(2) 他の利用者に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が管理上必要があると認めた事項。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成24年9月28日規則第25号)

(施行期日)

1 この規則は、平成24年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際現に行っている申請については、なお従前の例による。

画像

画像

画像

画像

瀬戸内市営火葬場条例施行規則

平成16年11月1日 規則第110号

(平成24年10月1日施行)