○瀬戸内市火葬補助金交付要綱

平成16年11月1日

告示第71号

(趣旨)

第1条 瀬戸内市住民の葬送に当たり、瀬戸内市外の火葬場を利用したものに対し、負担の軽減を図るため予算の範囲内において瀬戸内市火葬補助金(以下「補助金」という。)を交付するものとし、その交付に関しては、瀬戸内市補助金等交付規則(平成16年瀬戸内市規則第44号)に定めるもののほか、この告示の定めるところによる。

(補助対象)

第2条 前条に規定する補助金は、火葬場使用料に対し支給する。

(補助金の額)

第3条 補助金は、火葬場使用料のうち、2万円を超える(死胎の場合は7,000円を超える)額に相当する額とし、1件につき1万5,000円を限度とする。

(申請)

第4条 補助金の交付を受けようとする者は、次の書類を添えて市長に申請しなければならない。

(1) 火葬補助金交付申請書(別記様式)

(2) 第2条に規定する経費の支出を証する書類

(返還命令)

第5条 市長は、補助金の交付を受けた者がこの規則に違反したときは、補助金の返納を命ずることができる。

(その他)

第6条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の邑久町火葬補助金交付規程(昭和49年邑久町規則第4号)又は長船町火葬補助金交付規程(昭和57年長船町規則第20号)の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年3月31日告示第19号)

この告示は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年12月21日告示第57号)

(施行期日)

1 この告示は、平成20年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに火葬場の利用をしたものに対する改正後の第3条の規定は、なお従前の例による。

附 則(平成26年3月31日告示第20号)

(施行期日)

1 この告示は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに火葬場の利用をしたものに対する改正後の第3条の規定は、なお従前の例による。

画像

瀬戸内市火葬補助金交付要綱

平成16年11月1日 告示第71号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 生/第3節 墓地・火葬場
沿革情報
平成16年11月1日 告示第71号
平成17年3月31日 告示第19号
平成19年12月21日 告示第57号
平成26年3月31日 告示第20号