○瀬戸内市営墓地条例施行規則

平成16年11月1日

規則第111号

(趣旨)

第1条 この規則は、瀬戸内市営墓地条例(平成16年瀬戸内市条例第130号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用者の資格)

第2条 条例第5条ただし書に規定する市長が必要と認める者とは、次の各号のいずれかに該当する者をいう。

(1) 将来本市に帰還する意思のある者

(2) 本市を真に故郷と考え、祭しを行う意思のある者

(墓所の使用許可申請)

第3条 条例第6条第1項の規定により、墓所の使用許可を受けようとする者は、市営墓地墓所使用許可申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 使用者が市外に住所を有する場合は、市内に居住している者を管理人として定め、申請の際、その者の住民票謄本を添えなければならない。

(使用許可)

第4条 市長は、条例第6条の許可をしたときは、市営墓地墓所使用許可証(様式第2号)を交付する。

(使用許可の順位方法)

第5条 期限をつけて募集した場合においては、抽選により申請者の選択順位を定め、その順位に従って許可を決定し、その他の場合は、先に受理した申請について順次決定する。

(墓所の面積)

第6条 使用を許可する墓所の面積は、1戸当たり20平方メートルを超えないものとする。ただし、既に使用許可されている者の墓所に隣接する区画であって、その利用上隣接する墓所使用者に使用を認めることが墓所の管理上適当と認める場合は、この限りでない。

(使用権の承継)

第7条 条例第10条の規定により、使用権の承継許可を受けようとする者は、市営墓地墓所の使用承継許可申請書(様式第3号)に従前の使用者の使用許可証及び承継原因を証する書類を添えて市長に提出しなければならない。

2 市長は、使用承継を許可したときは、使用許可証に新たに使用者となった者の氏名等を記載して交付する。

(住所等の変更)

第8条 条例第11条の規定により住所その他使用許可証の記載事項の変更をしようとする者は、市営墓地墓所使用者住所等変更届(様式第4号)に従前の使用許可証及び必要により、住民票謄本を添えて市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の住所等の変更届を受理したときは、使用許可証に新たな住所等を記載して交付する。

(工作物の設置の基準)

第9条 条例第12条の工作物の設置の基準は、墓所面から総高2メートルの範囲内で、別表の設置基準によるものとする。

(墓所の返還)

第10条 条例第13条の規定により墓所の返還をしようとする者は、市営墓地墓所返還届(様式第5号)に従前の使用許可証を添えて市長に提出しなければならない。

(許可証の再交付)

第11条 使用許可を受け墓地台帳に登載されていた者が使用許可証の再交付を求めたときは、本人である事実を確かめた後、再交付することができる。ただし、この場合には、再交付であることを明記するものとする。

(無縁墳墓の整理)

第12条 市長は、条例第15条の規定により、無縁墳墓として処置するときは、墓地、埋葬等に関する法律施行規則(昭和23年厚生省令第24号)第3条に規定する手続を経るものとする。

2 前項の手続の細目については、別に定める。

(使用料等の減免)

第13条 条例第16条の規定により使用料の減免をすることができる者の範囲は、次のとおりとする。

(1) 生活保護法(昭和25年法律第144号)に基づいて生活扶助を受けている者

(2) 前号に掲げるもののほか、市長において特に必要があると認めた者

(使用料等の減免申請)

第14条 使用料の減免を受けようとする者は、市営墓地墓所使用許可申請書(様式第1号)に減免を必要とする理由を証する書類を添えて市長に申請しなければならない。

(管理費の経理)

第15条 条例第7条の使用料のうちの管理費の資本還元相当部分については、それから生ずる果実部分とともに、その収支状況を明らかにするものとする。

(その他)

第16条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の長船町営墓地条例施行規則(昭和60年長船町規則第12号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

別表(第9条関係)

工作物の設置基準あらまし

範囲

区分

範囲及び設置基準

工作物等の延石又は玉垣の新設

玉垣、延石は、希望者のみ設置できる。(この場合、既設区画ブロックの内側まで控えること。)高さについては、延石については既設ブロックの上端から20cm以下とし、玉垣は延石の上端から40cm以下とする。

盛土

盛土は、既設ブロックの上端から20cm以下とする。

墓碑

規格は、別に指定はしないが、既設ブロックの上端から200cm以下とする。

戒名板

設置は、自由とする。

墓碑、戒名板以外の工作物等の設置(五輪、灯ろう塔婆、墓標、地蔵、自然石など)

既設ブロックの上端から200cm以下のものに限り設置できる。

花木の植栽

植栽できない。

画像

画像画像

画像

画像

画像

瀬戸内市営墓地条例施行規則

平成16年11月1日 規則第111号

(平成16年11月1日施行)