○瀬戸内市長寿者褒賞金条例

平成18年3月31日

条例第42号

(目的)

第1条 この条例は、長寿を祝福することにより永年の苦労に対する慰労の意を表するために、高齢者に対して長寿者褒賞金を支給することを目的とする。

(支給対象者)

第2条 長寿者褒賞金の支給対象となる者は、毎年4月1日から翌年の3月31日までの間に100歳の年齢に達する者で、100歳の年齢に達する日において市内に住所を有するものとする。

(長寿者褒賞金の額)

第3条 長寿者褒賞金の額は、3万円とする。

(支給時期)

第4条 長寿者褒賞金は、100歳の年齢に達する日に支給するものとする。ただし、市長が特に必要と認めるときは、支給日を変更することができる。

(受給権の消滅)

第5条 長寿者褒賞金の支給対象者となる者は、次の各号のいずれかに該当するときは、長寿者褒賞金の支給を受ける権利(以下「受給権」という。)を失う。

(1) 支給日までに死亡したとき。

(2) 長寿者褒賞金の受給を辞退する旨の申出があったとき。

(3) 支給日の属する年度末までに長寿者褒賞金を受給しなかったとき。

(譲渡等の禁止)

第6条 受給権は、他に譲渡し、又は担保に供してはならない。

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月24日条例第19号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

瀬戸内市長寿者褒賞金条例

平成18年3月31日 条例第42号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
平成18年3月31日 条例第42号
平成20年3月24日 条例第19号