○瀬戸内市監査委員事務局処務規程

平成19年3月22日

監査委員訓令第1号

(趣旨)

第1条 この訓令は、瀬戸内市監査委員事務局(以下「事務局」という。)の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(職制)

第2条 事務局に事務局長及びその他の職員を置く。

2 事務局に必要に応じて次長、参事、総括主幹、主幹、主査、主任、主事及びその他の職員を置くことができる。

3 前項の職員は、書記をもって充てる。

(職務)

第3条 事務局長は、監査委員の命を受けて事務局の事務を掌理し、職員を指揮監督する。

2 その他の職員は、上司の命を受けて分担した事務に従事する。

(決裁の手続)

第4条 事務は、原則として、順次上席者を経て、上司の決定及び合議を経た後、代表監査委員の決裁を受けなければならない。

(代理決裁)

第5条 決裁者が不在のときは、順次代表監査委員の指定した上席の書記がその事務を代理決裁することができる。ただし、特に重要又は異例と認められるものについては、代表監査委員の決裁を受けなければならない。

2 代理決裁者が代理決裁するときは、「代」と明記して、押印しなければならない。この場合において、決裁者の後閲を要するものは、「要後閲」と明記し、代理決裁後、起案者の責任において速やかにその報告をしなければならない。

(決裁規程の準用)

第6条 決裁についての事項は、この訓令に定めるもののほか、瀬戸内市事務決裁規程(平成16年瀬戸内市訓令第6号)の例による。

(専決)

第7条 次の事項は、事務局長がこれを専決することができる。ただし、異例に属する事項及び必要と認められるものについては、あらかじめ監査委員の承認を受けなければならない。

(1) 職員の事務計画に関すること。

(2) 軽易又は定例的な事項の報告、照会及び回答に関すること。

(3) 監査委員の協議により決定された事項の処理に関すること。

(4) 監査結果の公表手続に関すること。

(5) その他軽易な事項の処理に関すること。

2 前項各号に定めるもののほか、事務局長の専決については、瀬戸内市事務決裁規程別表第1に掲げる部長及び課長の専決事項の例による。

(文書の取扱い)

第8条 施行を要する文書に付する記号及び番号は、「瀬戸内監第○○号」のように表記する。

2 前項の規定にかかわらず、監査委員の行う訓令、公表及び告示は、「瀬戸内市監査委員訓令第○○号」のように執行機関、種別、番号の順に表記する。

3 前2項に定めるもののほか、文書の取扱いについては、瀬戸内市文書取扱規程(平成19年瀬戸内市訓令第1号)の例による。

(公印)

第9条 公印の名称、書体、寸法、用途、公印管理課及び個数は、別表のとおりとし、事務局長においてこれを保管する。

2 公印の使用は、監査委員の決裁を経た後に行うものとする。

3 軽易な文書については、公印の押印を省略することができる。

4 事務局長は、公印使用簿(別記様式)を備え、必要事項を記入しなければならない。

5 前各項に定めるもののほか、公印の管理及び使用その他公印に関し必要な事項は、瀬戸内市公印規程(平成16年瀬戸内市訓令第8号)の例による。

(職員の服務等)

第10条 この訓令に定めるもののほか、職員の任用、分限、懲戒、服務、給与その他については瀬戸内市職員の例により、事務局の処務については市長の事務部局の例による。

(その他)

第11条 この訓令に定めるもののほか、事務局の組織及び運営に関し必要な事項は、監査委員が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

(瀬戸内市監査委員処務規程の一部改正)

2 瀬戸内市監査委員処務規程(平成16年瀬戸内市監査委員訓令第1号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附 則(平成28年3月16日監査委訓令第1号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

別表(第9条関係)

名称

整理番号

書体

寸法

用途

公印管理課

個数

瀬戸内市監査委員之印

1

てん書

21×21mm

監査委員名をもってする文書

監査委員事務局

1

瀬戸内市代表監査委員之印

2

てん書

21×21mm

代表監査委員名をもってする文書

監査委員事務局

1

瀬戸内市監査委員事務局長之印

3

てん書

21×21mm

事務局長名をもってする文書

監査委員事務局

1

画像

瀬戸内市監査委員事務局処務規程

平成19年3月22日 監査委員訓令第1号

(平成28年4月1日施行)