○瀬戸内市監査結果の処理区分基準

平成24年4月1日

監査委員告示第1号

(趣旨)

第1条 この基準は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第199条の規定に基づき実施する定期監査、随時監査、行政監査、財政援助団体等に対する監査等(以下「定期監査等」という。)の監査結果の処理区分の取扱いについて統一的判断を期すため、必要な事項を定める。

(処理区分)

第2条 定期監査等の監査結果の処理区分は、次のとおり指摘事項、意見(要望事項)とする。

(1) 指摘事項

 法令等に違反していると認められるもの

 その他適正を欠く事項で是正する必要があると認められるもの

(2) 意見(要望事項)

 効率性、経済性又は有効性の観点から検討する必要があると認められるもの

 その他法令等には違反しないが、事務処理上改善する必要があると認められるもの

附 則

この告示は、平成24年4月1日から施行する。

瀬戸内市監査結果の処理区分基準

平成24年4月1日 監査委員告示第1号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第2章 監査委員
沿革情報
平成24年4月1日 監査委員告示第1号