○瀬戸内市母子保健法施行細則

平成25年4月1日

規則第18号―2

(趣旨)

第1条 母子保健法(昭和40年法律第141号。以下「法」という。)の施行については、母子保健法施行令(昭和40年政令第385号)及び母子保健法施行規則(昭和40年厚生省令第55号。以下「省令」という。)に定めるもののほか、この規則の定めるところによる。

(低体重児の届出)

第2条 法第18条の規定による届出は、低体重児出生届(様式第1号)により行わなければならない。

(養育医療給付の申請)

第3条 省令第9条第1項の規定による申請は、養育医療給付申請書(様式第2号)に次に掲げる書類を添付して行うものとする。ただし、市長がその必要がないと認める書類については、添付を省略することができる。

(1) 養育医療意見書(様式第3号)

(2) 世帯調書(様式第4号)

(3) 扶養義務者及びその世帯の課税状況を明らかにする書類(住民税については市区町村長が、所得税については税務署長又は源泉徴収義務者が、それぞれ税額を証明した書類)

(4) 職員が扶養義務者及びその世帯の課税状況を確認することに対する同意書(様式第5号)

(5) その他市長が必要と認める書類

(養育医療給付に要する費用の徴収)

第4条 法第21条の4第1項の規定により養育医療の給付を受けた者又はその扶養義務者から徴収すべき費用の額は、市長が別に定める。

(その他)

第5条 この規則に定めるもののほか、法の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年12月24日規則第41号)

この規則は、平成28年1月1日から施行する。

附 則(平成29年6月21日規則第21号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

瀬戸内市母子保健法施行細則

平成25年4月1日 規則第18号の2

(平成29年6月21日施行)