○瀬戸内市放課後児童クラブ条例

平成30年3月20日

条例第7号

(設置)

第1条 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第6条の3第2項に規定する放課後児童健全育成事業を行う施設として、放課後児童クラブ(以下「児童クラブ」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 児童クラブの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

ゆめっこクラブ1組

瀬戸内市邑久町山田庄813番地2

ゆめっこクラブ2組

瀬戸内市邑久町山田庄813番地2

ゆめっこクラブ3組

瀬戸内市邑久町山田庄813番地2

今城っ子クラブ1組

瀬戸内市邑久町大富25番地

今城っ子クラブ2組

瀬戸内市邑久町大富25番地

キッズクラブ

瀬戸内市邑久町虫明841番地1

美和っ子クラブ

瀬戸内市長船町東須恵1666番地1

第1ひまわりクラブ

瀬戸内市長船町福里853番地

第2ひまわりクラブ

瀬戸内市長船町福里853番地

みゆキッズクラブ1組

瀬戸内市長船町服部156番地1

みゆキッズクラブ2組

瀬戸内市長船町服部181番地1

(指定管理者による管理)

第3条 児童クラブの管理運営は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により、地域住民で組織された法人その他の団体であって市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせる。

3 指定管理者が児童クラブの管理運営を行う期間は、5年以内とする。ただし、再指定を妨げない。

(指定管理者が行う業務)

第4条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 放課後児童健全育成事業に関する業務

(2) 児童クラブの施設、附属設備、器具等の維持管理に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める業務

(開所時間及び休業日)

第5条 児童クラブの開所時間及び休業日は、次のとおりとする。

(1) 開所時間 放課後から午後7時まで。ただし、小学校の休業日においては、午前7時30分から午後7時まで

(2) 休業日 日曜日、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日及び12月29日から翌年1月3日まで

2 前項の規定にかかわらず、指定管理者は、特に必要と認めるときは、市長の承認を得て開所時間及び休業日を変更することができる。

(通所資格)

第6条 児童クラブに通所できる児童は、原則として、市内に在住し、小学校に就学している児童であって、その保護者が労働等により昼間家庭にいない児童とする。

(通所の手続)

第7条 児童クラブに通所させようとする者は、あらかじめ指定管理者の許可を受けなければならない。

(通所の制限)

第8条 指定管理者は、児童クラブに通所している児童が次の各号のいずれかに該当するときは、通所を制限することができる。

(1) 感染症等疾患にかかり、他の児童に感染するおそれがあるとき。

(2) 各種気象警報が発令され、小学校が休校になったとき。

(3) その他市長が管理上支障があると認めたとき。

(利用料金)

第9条 児童クラブの利用に係る料金(次項において「利用料金」という。)は、月額10,000円(長期休業期間中にあっては30,000円)を上限として、指定管理者があらかじめ市長の承認を得て定めるものとする。

2 市長は、指定管理者に利用料金を当該指定管理者の収入として収受させる。

(委任)

第10条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成31年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 指定管理者の指定に関する手続その他この条例を施行するために必要な準備行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

瀬戸内市放課後児童クラブ条例

平成30年3月20日 条例第7号

(平成31年4月1日施行)