○志賀町立診療所条例

平成17年9月1日

条例第130号

(設置)

第1条 町民の健康保持に必要な医療及び指定居宅サービスの提供を目的として町立の診療所(以下「診療所」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 診療所の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 志賀クリニック

位置 石川県羽咋郡志賀町高浜町ヤの79番地1

(任務)

第3条 診療所は、次の各号に掲げる事項を達成することを任務とする。

(1) 国民健康保険その他各種健康保険の主旨に基づく診療及び一般患者の診療を行うこと。

(2) 町内における医療施設の中核として公衆衛生の向上及び増進に寄与すること。

(3) 介護保険の主旨に基づく指定通所リハビリテーション事業を行うこと。

(4) 前3号に掲げるもののほか、町長が町民の保健福祉施策の向上のため必要と認める事業を行うこと。

(診療等)

第4条 診療所は、町内外の住民に対し次の診療等を行うものとする。

(1) 健康診断及び健康相談

(2) 療養の指導及び相談

(3) 診療

(4) 薬剤又は治療材料の投与及び支給

(5) 処置、軽易な手術及びその他の治療

(6) 機能訓練

(指定管理者による管理)

第5条 診療所の管理は、地方自治法第244条の2第3項の規定により、法人その他の団体であって、町長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

2 前項の規定により診療所の管理を指定管理者に行わせる場合における指定の手続等は、志賀町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例(平成17年志賀町条例第64号)に定めるところによる。

(指定管理者が行う業務)

第6条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 診療所の運営に関する業務

(2) 第4条に規定する診療等に関する業務

(3) 診療所の施設及び設備の維持管理に関する業務

(4) 診療所の利用に係る使用料及び手数料(以下「利用料金」という。)の徴収に関する業務

(5) 前各号に掲げるもののほか、町長が必要と認める業務

2 指定管理者は、前項に規定する業務を行うに当たっては、関係法令を遵守するとともに良質な医療を公平に提供しなければならない。

(利用料金)

第7条 診療所において診療等を受けた者又は施設を利用した者は、別に定める利用料金を納めなければならない。

2 町長は、第5条第1項の規定により診療所の管理を指定管理者に行わせる場合の利用料金を指定管理者の収入として収受させる。

3 診療所の管理を指定管理者に行わせる場合の利用料金の額は、別に定める利用料金の範囲内において、指定管理者があらかじめ町長の承認を得て定めるものとする。

(職員)

第8条 診療所に、医師、看護師及びその他必要な職員を置く。

(開設)

第9条 診療所の開設日は、規則で定める日とする。

(委任)

第10条 この条例に定めるもののほか、診療所の管理運営に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年9月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日(以下「施行日」という。)の前日までに、合併前の志賀町立診療所設置条例(平成13年志賀町条例第17号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成28年12月13日条例第41号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行日の前日までに、改正前の志賀町立診療所条例(平成17年志賀町条例第130号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

志賀町立診療所条例

平成17年9月1日 条例第130号

(平成28年12月13日施行)